故人のコレクションはどう処分すべき? 遺品整理の困りごとを解決!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人のコレクションをどう処分すべきか迷う人は多いでしょう。遺品整理をしていると、処分に困るものがたくさん出てきます。故人のコレクションもその一つで、「処分しにくい」「処分方法が分からない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。特に、大量のコレクションが残っている場合は、遺品整理がなかなか進まずに困ることになりますよね。この記事では、故人のコレクションをどう処分すべきなのか、詳しくご紹介しましょう。

  1. 故人のコレクションについて
  2. 故人のコレクションはどう処分すべきか?
  3. 故人のコレクションを処分する方法
  4. 故人のコレクションを遺品整理業者に処分してもらう方法
  5. 故人のコレクション処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理における悩みが一つ解決するはずです。ぜひ参考にして作業をスムーズにすすめてください。


1.故人のコレクションについて

まずは、コレクションの内容や遺品整理の際の困りごとなどをご紹介します。

1-1.コレクションとは?

コレクションとは、好きなものを集めることをいいます。たとえば、腕時計やアクセサリーなどが好きで、集めることを楽しんでいる人も多いでしょう。故人がレコードや切手、フィギュアなどを趣味としてコレクションしていた場合、遺品整理の際にどのように処分すべきか迷ってしまいますよね。

1-2.困りごと

故人のコレクションを遺品整理するにあたって、次のような困りごとがあります。

  • 故人が大切にしていたものなので整理しづらい
  • 量が多くてどう処分したらよいか分からない
  • 価値が分からないので捨ててよいのか迷う

2.故人のコレクションはどう処分すべきか?

故人のコレクションをどう処分すればよいのか、通常の遺品整理との違いなどをまとめました。

2-1.どう処分すればよいのか?

故人のコレクションを遺品整理するにあたって、まず思うのが「どう処分すればよいのか?」という問題でしょう。コレクションの内容によっては、捨てることを検討する場合もあるはずです。しかし、「故人が生前大切にしていたものを本当に捨ててしまってよいのか」という迷いが出てきますよね。だからといって、いつまでもそのままにしておくわけにはいかないでしょう。捨てる以外の方法で処分できないか考えてみる必要があります。

2-2.通常の遺品整理との違い

故人のコレクション整理が通常の遺品整理と違う点は、そこに故人の強い思いを感じるという点でしょう。ただ単に生活に必要で使っていたものとはわけが違います。故人が好きで、集めることに喜びを感じていたものです。できるだけ悔いのないように整理してあげるのが一番と考えて当然ではないでしょうか。

2-3.価値を大切にしたい

コレクションの内容によっては、非常に価値の高いものもあります。コレクションしていた本人にしか分からないものもあれば、誰が見ても価値が高いことが分かるものもあるでしょう。一般的に見て全く価値のないものであれば「処分しても仕方ない」という気持ちになれると思います。しかし、そうでないものはできるだけ価値を大切にし、その価値に合った処分方法を検討したいものですよね。

3.故人のコレクションを処分する方法

では、故人のコレクションを処分する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

3-1.どんな処分方法があるのか?

遺品の処分方法には「廃棄する」「譲る」「売る」の3つがあります。コレクションの価値を大切にできる処分方法を考えたとき、「廃棄」は避けたいですよね。コレクションの価値は本人にしか分からないものですが、同じものに魅力を感じる人、コレクションしている人はほかにもいる可能性があります。そう考えると、「譲る」か「売る」という方法で処分すべきではないでしょうか。

3-2.ほかの人に譲る場合

友人や知人などにそのコレクションを「欲しい」という人がいれば、譲ってあげましょう。大切にしてくれる人に譲り渡すのが一番です。また、ネットオークションに出品して譲り先を探すこともできます。最近はネットオークションの利用者も増えてきているため、見つかる可能性は高いでしょう。ただし、出品してから買い手が見つかるまで、時間がかかる可能性はあります。その間、コレクションを手元に残しておかなければならないため、急いで処分したい人にはおすすめできない方法といえるでしょう。また、サイトへの登録や落札者とのやり取り、こん包、発送など手間がかかるのは確かです。慣れていないとトラブルが発生する可能性もあるため、十分注意して利用してください。

3-3.売却する場合

明らかに価値のあるものであれば、リサイクルショップや骨董(こっとう)店などに売却する方法もあります。一般的には、直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、すぐに現金化が可能です。ただし、状態によっては買い取りしてもらえないものもあるでしょう。

4.故人のコレクションを遺品整理業者に処分してもらう場合

最近は、遺品整理を専門業者に代行してもらうケースも増えてきています。故人のコレクションを業者に処分してもらう場合についてまとめました。

4-1.遺品整理業者に依頼するべきケースとは?

遺品整理業者への依頼を検討すべきなのは、以下のようなケースです。

  • コレクションが大量にある
  • 遺品全体の量が多すぎて何から手をつけてよいのか分からない
  • コレクションの価値が分からず、どう処分すべきか迷っている
  • 遺品整理をする時間がない
  • 人手が足りず、作業が進まない
  • 遠方に住んでいるので通うのが難しい

4-2.引き取り・処分方法

遺品整理業者を利用した際の引き取り方法や料金などをご紹介します。

4-2-1.流れ

株式会社ファンデックス」では、以下のような流れで遺品の引き取りや処分を行っています。

  • ホームページのフォームから無料見積もりを申し込み
  • 作業日時の決定
  • 遺品の分別、仕分け作業
  • 不用品の引き取り、処分
  • 清算

4-2-2.料金について

料金設定は業者によって異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較することをおすすめします。そうすることで、大まかな相場を知ることが可能です。また、不用品の回収と同時に買い取りも行っている業者を選ぶことで、費用の節約ができる可能性があります。「株式会社ファンデックス」では、状態のよい不用品は買い取り対象になるため、ぜひチェックしてみてください。遺品整理の料金については、1LDKで59,800円~、2LDKで149,800円~が目安となります。

4-2-3.専門業者ならではの違い

不要な遺品の引き取りや処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。しかし、遺品整理業者は遺品整理の専門業者であり、遺品整理士が在籍している場合がほとんどです。遺品の取り扱いに関する知識を豊富に持っているため、より安心してお任せすることができるでしょう。専門業者ならではのメリットを理解した上で、依頼することをおすすめします。

4-3.業者選びのポイント

遺品整理業者を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 遺品を丁寧に取り扱ってくれるか
  • 遺品整理士が在籍しているか

4-4.注意点

遺品整理業者の中には、残念ながら悪質な業者も存在しています。そのような業者を利用するとトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、慎重に業者選びを行ってください。特に、見積書に不明確な項目が多い場合や、料金に対する説明をしっかりとしてくれないような業者などは、利用しないほうがよいでしょう。高額な追加料金を請求されてしまうようなケースもあるのです。

5.故人のコレクション処分に関するよくある質問

「故人のコレクションを処分する方法について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.リサイクルショップに売る場合、どうすれば高く査定してもらえますか?
A.できるだけきれいな状態に掃除をし、付属品があればすべてそろえておきましょう。購入時の状態に近づけることが、高価買い取りのポイントです。

Q.故人のコレクションをネットオークションに出品しようと思います。注意点は何ですか?
A.出品する商品の写真を載せ、詳細を正確に掲載してください。「届いたらイメージと違った」というトラブルに発展するケースも少なくありません。

Q.遺品整理士は国家資格ですか?
A.民間資格になります。「一般社団法人遺品整理士認定協会」の講座を受講し、認定試験に合格すると取得可能です。

Q.故人が大切にしていたコレクションを捨てる場合、供養したほうがよいでしょうか?
A.供養すべきかどうかは、人それぞれの判断によります。「捨てるしかないけれど、捨てるには抵抗がある」というものは、供養しておくと悔いが残らないでしょう。「株式会社ファンデックス」では遺品の供養も受け付けています。

Q.遺品整理と一緒に部屋の清掃も依頼できるのでしょうか?
A.部屋の清掃も行ってくれる遺品整理業者がほとんどです。「株式会社ファンデックス」は特殊清掃や空き家の片づけなども行っているため、チェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか? 故人のコレクションを遺品整理する際の悩みごとや処分方法をまとめてご紹介しました。故人が生前大切に集めていたコレクションを処分することに、抵抗を感じる人も多いでしょう。どうすれば後悔することなく整理することができるのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。