故人のコレクションはどう処分すべき? 遺品整理の困りごとを解決!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人のコレクションをどう処分すべきか迷う人は多いでしょう。遺品整理をしていると、処分に困るものがたくさん出てきます。故人のコレクションもその一つで、「処分しにくい」「処分方法が分からない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。特に、大量のコレクションが残っている場合は、遺品整理がなかなか進まずに困ることになりますよね。この記事では、故人のコレクションをどう処分すべきなのか、詳しくご紹介しましょう。

  1. 故人のコレクションについて
  2. 故人のコレクションはどう処分すべきか?
  3. 故人のコレクションを処分する方法
  4. 故人のコレクションを遺品整理業者に処分してもらう方法
  5. 故人のコレクション処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理における悩みが一つ解決するはずです。ぜひ参考にして作業をスムーズにすすめてください。


1.故人のコレクションについて

まずは、コレクションの内容や遺品整理の際の困りごとなどをご紹介します。

1-1.コレクションとは?

コレクションとは、好きなものを集めることをいいます。たとえば、腕時計やアクセサリーなどが好きで、集めることを楽しんでいる人も多いでしょう。故人がレコードや切手、フィギュアなどを趣味としてコレクションしていた場合、遺品整理の際にどのように処分すべきか迷ってしまいますよね。

1-2.困りごと

故人のコレクションを遺品整理するにあたって、次のような困りごとがあります。

  • 故人が大切にしていたものなので整理しづらい
  • 量が多くてどう処分したらよいか分からない
  • 価値が分からないので捨ててよいのか迷う