故人のアルバム処分に関する「困った」を解決!遺品整理の方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理をするにあたって、故人が残したアルバムをどう処分すべきかお悩みではありませんか? 遺品にはさまざまな種類のものがありますが、その中でも特に困るのがアルバムの処分でしょう。しかし、アルバムはかさばるため、いつまでも残しておくわけにもいきません。後悔のないように処分するためには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、故人のアルバムを処分する方法についてご紹介します。

  1. 故人のアルバムについて
  2. 故人のアルバムを処分する方法
  3. 故人のアルバムを遺品整理業者に処分してもらう場合
  4. 故人のアルバム処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の悩みが一つ解決できるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.故人のアルバムについて

故人のアルバムに関する困りごとや処分のタイミングについてまとめました。

1-1.困りごと

アルバムは遺品整理しにくいものの一つです。写真は故人が生きた証でもあり、遺族にとっても整理するのがつらいものでしょう。魂が宿っている気がして「捨てづらい」と感じることも多いと思います。特に高齢者の場合は、残されたアルバムの量も多いはずです。「どうやって処分したらよいのか分からない」「処分に時間がかかる」という理由で、整理できずそのままにしてある人も多いのではないでしょうか。

1-2.どう処分すべきか、心構え

1冊や2冊のアルバムであれば、思い出としてそのまま残すことも可能でしょう。しかし、大量のアルバムはやはり整理する必要があります。「思い出を残したい」という気持ちが強いのであれば、データ化する方法もあるため検討してみてください。また、捨てることに抵抗がある場合は、供養やお焚(た)き上げをしてから処分する方法もおすすめです。気持ちを切り替えるためにも、アルバムをどう処分すべきかよく考えて心構えをしておきましょう。

1-3.処分のタイミング

処分のタイミングに決まりはありません。しかし、家の明け渡しや売却などの期限がせまっている場合は、早めに処分を検討する必要があるでしょう。そうでない場合は、四十九日法要や月命日など、親族がそろったタイミングで遺品整理を行うことをおすすめします。「写真を形見分けしてほしい」という人がいる可能性もあるはずです。

12