部屋が汚い人の共通点は何? 片付け方などと共に徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「部屋が汚いのでなんとかしたい」と考えている人は多いことでしょう。しかし、その一方で「部屋が汚くても、生活に問題はない」と思っている人もいると思います。実は、部屋が汚い人には共通点があるのです。

今回は、部屋が汚い人の共通点や対処方法を紹介しましょう。

  1. 部屋が汚い人の共通点や悪影響
  2. 部屋が汚い人向けの片付け方
  3. 急に部屋が片付けられなくなったら要注意
  4. 部屋の片付けを業者に依頼する方法
  5. 部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、汚い部屋をキレイに片付けるコツなどもわかります。部屋が汚くてなんとかしたいと悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

1.部屋が汚い人の共通点や悪影響

はじめに、部屋が汚い人の特徴や共通点や実生活に生じる悪影響を紹介します。

1-1.物事を先延ばしする

部屋が汚い人は、物事を先延ばしする傾向があります。「まだ大丈夫」と思っているうちに締め切りが迫り、どうにもならなくなることも多いでしょう。そのため、仕事でも私生活でもほかの人からの信用度が低くなりがちです。

1-2.何事にも無頓着になりがち

部屋が散らかっていても気にならない人は、何事にも無頓着になりがちです。たとえば、服がシワシワだったり、シミがついていたりしても平気で着ていることもあるでしょう。また、人から借りたものを汚しても頓着しないこともあります。

1-3.経済的に苦しくなりがち

部屋が散らかっている人は、ものの管理ができません。同じものを何個も買ったり使わないまま放置しておいたりすることも珍しくないでしょう。また、散らかった部屋はカビが生えやすくタタミやフローリングの床も傷みやすいので、修繕費が余計にかかることもあります。

1-4.健康にも悪影響が出るので対処が必要

散らかった部屋は、ホコリやカビといった健康に悪影響が与えるものがたくさん発生する可能性があります。また、自分自身も不潔になりがちです。さらに、ゴキブリなどの害虫やネズミが発生して近隣住人に迷惑をかけることもあるでしょう。賃貸物件の場合、それを理由に退去を求められることもあります。ですから、「部屋が散らかっているくらい、生活に何の影響もない」ということはありません。対処が必要です。

2.部屋が汚い人向けの片付け方

この項では、部屋を散らかしがちの人でも実践できる片付け方を紹介します。

2-1.明らかなゴミを捨てるところから始める

部屋が汚い人は、床の上にゴミと必要なものがいっしょくたに置いてあることも珍しくありません。まずは、明らかなゴミを捨てましょう。ゴミを捨てるだけでも、部屋がかなりスッキリすることもあります。また、もう使わないものやホコリやカビにまみれているものも一緒に捨ててしまいましょう。

2-2.使わないものはどんどん捨てる

部屋が散らかる人は、管理できる限界を超えてものを持っていることが多いでしょう。ですから、まだ使えるものでも1年以上使ってないものはどんどん捨ててください。部屋が汚い人の片付けは、整理整頓の前にものを減らすことが大切です。

2-3.収納グッズや家具は買い足さない

収納グッズや収納家具を買い足せばすっきりと部屋が片付くと思っている人は多いでしょう。しかし、家具やグッズを買い足せばより部屋が狭くなります。また、グッズや家具がいっぱいになったら買い足すことをくり返しているときりがありません。今ある収納スペースに収まるようにものを減らしましょう。

2-4.片付けにかける手間を可能な限り減らす

不要なものを捨て終わったら、片付けを開始します。この際、できるだけ片付けにかかる手間を減らしましょう。ワンステップで片付けられるようにしてください。一例をあげると、収納スペースの中に仕切りを設け、そこに納めるものを決めます。そして、使い終わったら必ずそこにしまうことを徹底しましょう。「引き出しを開けたらいつでも同じ場所に同じものがある」状態をキープしておくのです。そうすれば、部屋が散らかることはありません。

3.急に部屋が片付けられなくなったら要注意

家族や友人の部屋が急に散らかりだし、片付けられなくなったらうつ病などを発症した可能性があります。高齢者の場合は認知症の可能性もあるでしょう。部屋の片付けを手伝ってあげるのはもちろんですが、病院への受診をすすめましょう。放っておくと自分で自分の世話を放置する「セルフネグレクト」になることもあります。また、汚部屋やゴミ屋敷を作ってしまう可能性もあるでしょう。

4.部屋の片付けを業者に依頼する方法

この項では、部屋の片付けを業者に依頼するメリットや業者の選び方を紹介します。

4-1.自分で片付けられないと思ったら業者への依頼がおすすめ

自分で片付けられないほど部屋が散らかってしまった場合、放っておくと汚部屋やゴミ屋敷になってしまいます。そうなると、片付けにさらなる費用がかかるでしょう。「足の踏み場もない部屋」くらいの状態で業者に依頼するのがおすすめです。

4-2.片付けをしてくれる業者を探す

一般的なハウスクリーニング業者や家事代行サービスでは、足の踏み場もないほど散らかった部屋の片付けは行っていないこともあります。不用品の処分や汚部屋・ゴミ屋敷の片付けを行っている業者を探しましょう。また、メールや電話で部屋の状態やゴミの種類を説明し、片付けてくれるかどうか問い合わせてもいいですね。

4-3.キレイになった状態をキープするためにも業者は便利

仕事などが忙しく片付けをする暇がない場合、一度キレイになってもすぐに散らかってしまうこともあります。片付けを業者に頼んだら、家事代行サービスなどに日々の掃除を依頼するとキレイな状態をキープできるでしょう。

4-4.業者は実績や口コミを見て調べる

部屋を片付ける費用は、業者によって異なります。また、正確な費用は見積もりを作らないとわからないこともあるでしょう。可能ならば、安さをウリにしている業者より実績が長く、長期的によい評価がついている業者に依頼するのがおすすめです。また、複数社から見積もりを取ってみるのもいいでしょう。見積書が正確でわかりやすい業者や依頼者の質問に丁寧に答えてくれる業者は信用できます。

5.部屋の片付けに関するよくある質問

この項では、部屋の片付けに関する質問を紹介します。

Q.どの程度部屋が散らかれば、日常生活に支障が出るのかよくわかりません。
A.部屋の床が見えなくなるくらいものが散らばり、その中にゴミが混じっているようになると悪臭やカビなどの害が出てくるでしょう。

Q.ゴミ捨てが時間どおりにできないのが悩みです。
A.仕事が忙しくて時間どおりにゴミ捨てができない場合、家事代行サービスを依頼する方法や24時間365日ゴミ出し可能なマンションに引っ越す方法があります。

Q.ものがもったいなくて捨てられません。
A.その気持ちはわかりますが、そのままにしておけば結局ゴミになります。捨てましょう。

Q.部屋の床がかカビたり傷んだりしたら、賃貸物件ならば修繕費を請求されますか?
A.はい。その可能性は高いでしょう。

Q.部屋をキレイにするとやる気があがるものですか?
A.部屋がすっきりすれば何事もスムーズに進み、やる気が出やすくなります。

まとめ

今回は、部屋が汚い人の共通点や対策方法を紹介しました。今は、家事や片付けの代行サービスも増えています。どうしても片付けられないならば、そのようなサービスを利用し、部屋をキレイに保ちましょう。