遺品整理や清掃の方法・ポイントを紹介! 孤独死の場合はどうする?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品整理や清掃について知りたい」という人は多いでしょう。身内が亡くなり、必要な手続きも無事に終えてほっとしたのもつかの間、次に考えなければならないのは遺品整理についてです。遺品整理や清掃は遺族の役目ですが、実際には作業がなかなかすすまず、困っている人も多いのではないでしょうか。自分で行うのが難しい場合は、業者に依頼する方法もおすすめです。この記事では、遺品整理・清掃の方法やポイント、業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品整理・清掃について
  2. 遺品整理・清掃のポイント
  3. 遺品整理・清掃の方法
  4. 遺品整理・清掃業者について
  5. 遺品整理と清掃に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理や清掃をすすめるうえで知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にして悩みを解消してください。


1.遺品整理・清掃について

まずは、遺品整理・清掃の目的や近年増えている問題などをご紹介します。

1-1.遺品整理・清掃とは?

遺品整理とは、故人が生前所有していたものを整理することをいいます。遺品には家財道具から衣類・趣味の道具などさまざまなものがあり、不要なものを処分し、必要なものを形見分けするなどして片づけるのです。遺品整理と同時に故人が住んでいた家を清掃し、退去または売却の手続きをする必要があります。

1-2.どんな場合に必要なのか?

遺品整理や清掃が必要なのは、家族が亡くなったときです。たとえ遠方に住んでいても孤独死の場合であっても、整理・清掃は行わなければなりません。遺品をそのまま放置してしまうと、ゴミ屋敷になってしまう可能性が高いでしょう。また、親族間のトラブルを防ぐためにも、遺品整理は必要です。

1-3.近年増えている遺品整理の需要、問題について

近年、遺品整理の需要が高まってきています。その背景にあるのは、少子高齢化でしょう。親が亡くなっても遺品整理をする子供の数が少なく、その負担が大きくのしかかってきてしまいます。「遠方に住んでいるので足を運ぶのが難しい」などの理由から遺品整理業者に依頼する人が増えてきているのが現状です。実際に、遺品整理を行う業者は年々増えてきており、「遺品整理士」という資格が注目を集めるようになってきています。

2.遺品整理・清掃のポイント

遺品整理・清掃の時期やよくある困りごとについてご紹介します。

2-1.いつするのがよいのか?

遺品整理は基本的に「いつ行うのがよい」という決まりがあるわけではありません。一般的には、四十九日法要など親族が集まる機会に行うことが多いでしょう。しかし、気持ちの整理がつかないうちに遺品整理を無理に始めても、スムーズにはすすみません。もちろん、賃貸物件の明け渡し期限などがある場合は早めに行う必要があるはずです。しかし、そういった問題がないのであれば、ある程度気持ちが落ち着いてからでもよいでしょう。

2-2.よくある困りごと

遺品整理や清掃においてよくある困りごとをまとめました。

  • 遺品の量が多すぎる
  • 遠方に住んでいるためなかなか足を運べない
  • 親族に形見分けを要求されている
  • 遺品の価値が分からず、分別に時間がかかっている
  • 賃貸住宅の退去期限が迫っていて時間がない
  • ゴミ屋敷になってしまっている
  • 気持ちの整理がつかず、作業がすすまない

2-3.トラブルを起こさないためのポイント

遺品整理において心配なのが、親族トラブルです。「欲しいと思っていたのに形見分けしてもらえなかった」「自分よりあの人のほうが得をしている」などという問題が発生することも少なくありません。そういったトラブルを起こさないためにも、勝手に遺品整理をせず、親族に一言連絡をしてから作業を開始するようにしましょう。一番よいのは、親族がそろっているときに一緒に遺品整理をすることです。

2-4.孤独死の場合

近年は「孤独死」の問題が増えてきています。孤独死の場合、発見されるまでに時間がかかることが多いため、部屋の清掃が非常に大変になるのです。孤独死した部屋に遺族が足を踏み入れるのは大変つらいことであり、部屋の状況によっては自分で清掃を行うのが不可能な場合も多いでしょう。その場合は、特殊清掃を行っている業者に依頼する方法があります。

3.遺品整理・清掃の方法

遺品整理や清掃の方法についてご紹介します。

3-1.自分で行う方法

自分で行う場合は、事前に準備が必要です。不用品を入れるごみ袋や段ボール・軍手・マスク・ガムテープ・ほうき・ぞうきん・バケツなどは最低限用意しておきましょう。手順としては、まず遺品を「不要なもの」と「残すもの」に仕分けし、不要なものを処分していきます。残ったものは形見分けするなり保管するなりして、部屋をすっきりした状態にしてください。そこから、清掃を開始します。

3-2.業者に依頼する方法

「遺品の量が多い」「遠方に住んでいるので通うのが難しい」など、自分で遺品整理をするのが困難な場合は、業者に依頼するべきです。もちろん費用はかかりますが、迅速かつ効率的に作業をすすめてくれるため、自分の時間や体力を費やすことはありません。また、気持ちの問題で遺品整理をすすめられなかった人も、業者に依頼することでつらい思いをすることはないでしょう。プロの業者は、遺品に関する豊富な知識を持っています。的確に判断して遺品を仕分けし、不要なものは処分してくれるでしょう。また、部屋の特殊清掃も請け負っている業者が多く、孤独死など自分で清掃するのが難しい場合も、安心して任せることができます。

3-3.注意点

業者に依頼する場合は、事前の下見に必ず同行しましょう。大切なものを不用品として処分されてしまうなどのトラブルを防ぐためにも、事前に伝えておく必要があります。そういった要望に対する業者の反応や、遺品の扱い方なども見ておきましょう。

4.遺品整理・清掃業者について

遺品整理や清掃を依頼する業者についてまとめました。

4-1.やってくれること

依頼できるのは遺品の整理や清掃だけではありません。サービス内容は業者によって異なりますが、相続に関する法的手続きや遺品のデータ化、供養などを行ってくれるところもあるのです。もちろん、特殊清掃やゴミ屋敷の片づけを依頼できる業者もあるため、どのようなサービスを行っているのか確認してから依頼するようにしてください。

4-2.作業の流れ

一般的な流れとしては、以下のようになります。

  • 電話またはホームページのフォームから無料見積もりを依頼する
  • 見積もりの内容に納得できたら、訪問の日時を決定する
  • 現地で正式な見積もりをし、作業開始
  • 作業完了の確認後、精算

4-3.供養について

遺品の供養については、必ず必要というわけではありません。しかし、思い出の品を捨ててしまうことに心を痛める人、仏壇や神棚などを処分することに抵抗を感じる人もいるでしょう。そんなときは、供養することで気持ちも楽になるはずです。業者によっては、提携寺院での合同供養や現場供養などを行っているところもあるため、確認してみるとよいでしょう。

4-4.遺品整理士とは?

近年注目を集めている「遺品整理士」という資格をご存じでしょうか。一般社団法人遺品整理士認定協会が運営する資格であり、「遺品を適切かつ丁重に取り扱い整理することができる」と認められた人のことです。現在は遺品整理士が在籍している業者が増えてきており、より安心して依頼できるようになってきています。

4-5.料金について

遺品整理や清掃にかかる費用については、業者ごとに異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼しておくのがおすすめです。そして、比較したうえで業者を選ぶようにしましょう。そうすることで、大まかな相場を知ることができます。

4-6.業者選びのポイント

業者選びのポイントは以下のとおりです。ぜひ参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 特殊清掃を受け付けているか
  • 遺品の買い取りも行っているか
  • 料金システムが明確か
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応が親切であるか
  • 遺品を丁寧に扱っているか

4-7.悪質業者のトラブルについて

残念ながら、遺品整理や清掃を行っている業者の中には悪質な業者も存在しています。実際に「見積もりに記載されていなかった追加料金を請求された」「遺品を粗末に扱われた」など、悪質業者とのトラブルは数多く報告されているのです。そういった業者を利用しないためにも、業者選びは十分慎重に行いましょう。

4-8.注意点

「見積書の見方がよく分からない」という人も多いでしょう。しかし、分からないからといってしっかりチェックしておかなければ、トラブルの原因になる可能性もあるのです。一つ一つ項目を確認し、不明確なものがある場合は必ず業者に質問するようにしてください。的確な答えが返ってくる業者であれば、信頼してよいでしょう。

5.遺品整理と清掃に関するよくある質問

「遺品整理と清掃について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.自分で遺品整理をする場合、早く終わらせるためのコツは何ですか?
A.完了日をいつにするか決め、その目標に向けてスケジュールを立ててください。目標に向けて作業をすることで効率的にすすめられるでしょう。

Q.まだ使える家電などの遺品を買い取りに出したいと思います。どこに依頼すればよいでしょうか?
A.リサイクルショップや買い取り専門店、ネットオークションなどの方法があります。「ファンデックス」でも遺品の高価買い取りを行っているため、ぜひご利用ください。

Q.金銭的に価値の高い遺品はどのように扱えばよいですか?
A.相続税がかかることがあるため、10か月以内に申告と納税が必要になります。そのため、遺品整理も早めに始めたほうがよいでしょう。

Q.捨てるか残すか判断できない遺品があり、片づけがすすみません。どうしたらよいでしょうか?
A.いったん保管しておき、時間がたってから再び考えてみてください。半年~1年ほどたって気持ちの整理がついてから見直すと、冷静に判断できるようになっているはずです。

Q.遺品整理士になるにはどうしたらよいのでしょうか?
A.遺品整理士養成講座を受講してレポートなどを提出し、合格が認められると遺品整理士として働くことができます。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理や清掃について、方法やポイントなどをまとめてご紹介しました。遺族による遺品整理が難しくなってきている今の時代、プロに依頼する人が増えてきているのが現状です。自分が抱えている問題点を把握し、業者に依頼するべきかよく考えてみてみるとよいでしょう。ぜひこの記事を参考にして、遺品整理の悩みを解決してください。