遺品整理は仕分けが大切? その理由や仕分け方・業者への依頼方法を解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理に悩んでいる人は、珍しくありません。「遺品の仕分けをしなければいけないのは分かっているけれど、どこから手をつけていいか悩んでいる」という人もいるでしょう。遺品整理には遺産相続のような期限があるわけではありませんが、早めに行わないと、どんどん大変になっていきます。
そこで、今回は遺品整理のコツや遺品の仕分け方などを紹介しましょう。

  1. 遺品整理の必要性と最初に行うこと
  2. 遺品の仕分け方
  3. 遺品整理業者に依頼する方法
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理をスムーズに行うコツもよく分かります。遺品整理の方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.遺品整理の必要性と最初に行うこと

はじめに、遺品整理が必要な理由や最初に行うことを紹介します。

1-1.遺品整理の必要性

遺品とは、故人が残した遺産以外のものです。洋服・家具家電・日用雑貨・趣味の品など多種多様にわたります。遺品は遺産のように、法律で分配や放棄する期限が決められているわけではありません。しかし、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、退去期限まで整理する必要があります。また、持ち家に住んでいた場合も時間がたつほど遺品の劣化が進み整理が大変になるでしょう。さらに、遺品の中から遺産に該当するものが出てきた場合、争いの元になる可能性もあります。ですから、遺品整理は可能な限り早く行うことが大切です。

1-2.遺品整理はできるだけ大人数で行う

遺品整理は、引っ越しと同じくらい手間がかかります。ですから、できるだけ大人数で行いましょう。持ち家ならば、四十九日の法事などで親類が集まった際などに一気に片付けてしまうのもおすすめです。賃貸物件の場合は、慌ただしいですが葬儀が終わったらすぐに行うと人手が集まりやすいでしょう。また、遺品整理は気が向いたときに少しずつではなく、スケジュールを立てて一気に行った方が早く済みます。人手を確保するためにも、遺品整理のスケジュールを立てましょう。

1-3.遺品整理は仕分けから行う

遺品がたくさんあってどこから手をつけていいか分からない場合は、仕分けを行います。遺品をいるものといらないものに分けてください。たとえば、故人との思い出の品や故人が大切にしていたもの、遺産に関わる可能性がある貴重品は、捨てずに取っておきましょう。また、形見分けができるものも取っておきます。次の項で、さらに詳しく仕分けの仕方を解説しましょう。

2.遺品の仕分け方

この項では、遺品の仕分け方をさらに詳しく紹介します。

2-1.不要な遺品の仕分け方

遺品を取っておくものと不要なものに分けたら、さらに不要なものを以下のように仕分けしましょう。

  • 売却ができそうなもの
  • ゴミとして自治体に回収してもらえるもの
  • 法律に沿って捨て方が決まっているもの

2-2.売却できる遺品とは?

中古でも需要があり、リサイクルショップやネットオークションなどで売却できそうなものは、以下のようなものです。

  • 発売から5年以内の家電・パソコン
  • スマートフォン
  • 使用感の少ないブランドもののバッグや服
  • 未使用のブランドものの食器
  • 本・ホビー類・コレクターズアイテム
  • 美術品
  • 骨とう品

これらの品が必ず売却できるとは限りませんが、査定に出してみる価値があります。ただし、保管状態が悪く落ちない汚れ・臭いなどがついている場合や、破損が激しい場合は売却できないケースが多いので気をつけましょう。

2-3.自治体にゴミとして出すことができる遺品とは?

自治体には、それぞれにゴミ捨てのルールがあります。ですから、遺品をゴミとして処分したい場合は、まず自治体のサイトでゴミ捨てのルールを確認しましょう。なお、大抵の自治体では以下のような遺品はゴミとして回収してもらえます。

  • 紙類・布類
  • 食器類(せともの類)
  • 木製品・プラスチック類
  • 小型家電

まだ使えるものであっても、使用感のある衣類・食器類・家具、製造から5年以上たった家電は買い手がつきにくいものです。ですから、故人が普段使いしていたものはまだ使えるものであっても、不要なものはゴミとして処分しましょう。

2-4.捨て方が決まっているものとは?

冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンは家電リサイクル法対象家電です。どの自治体でもこの4品はゴミとして処分できないので、郵便局でリサイクル券を購入し、家電量販店に引き取ってもらうか自分で指定された集積場に持ち込みましょう。なお、家電量販店に回収してもらう場合は、リサイクル料のほかに運搬料もかかります。
また、デスクトップパソコン・ノートパソコンはメーカーに回収してもらってください。デスクトップパソコンは、どの自治体でもゴミとして回収できません。2003年以降に製造・販売されたパソコンでPCリサイクルマークがついているものは、メーカーが無料で回収してくれます。なお、ノートパソコンやタブレットは「小型家電リサイクル法」に沿って小型家電を回収している自治体や家電量販店ならば、無料で回収可能です。自治体や家電量販店のサイトでパソコンを回収しているか確かめてみましょう。

2-5.遺品を仕分ける際の注意点

自治体のゴミ回収日は、偏りがあります。粗大ゴミなどは月1度しか回収日がない自治体もあるでしょう。ですから、あらかじめ自治体のゴミ処分場に不用品を持ち込めるかどうか確認し、可能ならば持ち込むのがおすすめです。また、賃貸物件に故人が住んでいる場合、売却可能な可能性がある遺品はトランクルームに保管しておき、少しずつ査定に出してもいいでしょう。

3.遺品整理業者に依頼する方法

この項では、遺品整理業者に依頼する方法やメリットを紹介します。

3-1.遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは、文字どおり遺品整理を行ってくれる業者です。遺品整理専門の業者もあれば、不用品回収業者が業務の一環として遺品整理を行っているところもあります。依頼すれば、遺品を回収・買取してくれるほか、掃除もしてくれる業者もあるのです。

3-2.遺品整理業者に依頼するのがおすすめのケース

故人が大量に遺品を残しており、とても遺族だけでは片付けられない場合や、遺品整理をする時間がない場合などは、遺品整理業者に依頼すれば、短時間で遺品を回収してくれます。また、自分で遺品を売却する時間の余裕がない場合なども、遺品整理業者に依頼すれば買取できる遺品は買い取ってもらうことが可能です。さらに、業者によっては遺品供養をしてくれるところもあり、遺族の心理的負担も軽くなります。

3-3.遺品整理にかかる費用や業者の選び方

遺品整理にかかる費用は、遺品の量によります。遺品の量やリサイクル不可の遺品が多いほど費用は高くなるでしょう。なお、遺品整理は、まだ歴史が浅いので料金相場などが明確に定まっていません。遺品整理ファンデックスのように明朗会計を明言している業者や、見積もりが正確で分かりやすく説明してくれる業者に依頼しましょう。このような業者ならば信用できます。逆に、理由をつけて見積もりを作らない業者や、作っても加算前提のいいかげんな業者は利用しない方がいいでしょう。

4.遺品整理に関するよくある質問

この項では、遺品整理に関するよくある質問を紹介します。

Q.遺品整理を1日で終わらせるには、何人くらいの人手が必要ですか?
A.遺品の量にもよりますが、5~10人程度の人手は必要になります。

Q.遺品を売却して思っている以上の値段で売れた場合はどうしたらいいでしょうか?
A.遺品を売却した際の費用は遺産に入りませんが、あまりに高額な場合、遺産として法律に沿って分配するのがおすすめです。

Q.遺品整理をしてはいけない場合はありますか?
A.遺産を放棄する場合、遺品整理をすると遺産を受け継いだものとみなされてしまうので注意が必要です。

Q.故人がゴミ屋敷を作ってしまった場合でも、遺品整理業者に依頼できますか?
A.はい。ゴミ屋敷の片付けもしている業者ならば依頼できます。

Q.遺品整理をする際、何を持っていけばいいでしょうか?
A.ダンボール箱・ゴミ袋・軍手・マスク・ガムテープなどを持っていってください。引っ越し準備と同じと考えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、遺品整理の方法や仕分けの仕方などを紹介しました。まず、いるものといらないものを分け、さらにいらないものでも捨てるものと売却するものとに分けましょう。そうすれば、片付けの目安がつけやすくなります。人数が多いほど早く終わるので、人手が確保できない場合は業者に依頼しましょう。