仏具の処分方法が知りたい! 供養すべき? どんな方法があるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

置く場所がなく継承できないという事情から、仏具を処分する人が増えています。仏具とは仏壇の中に置く道具全般のことで、普通のゴミと一緒に処分してはいけません。きちんとお坊さんに法要を行ってもらってから、廃棄しなければならない道具がたくさんあります。そこで、本記事では、仏具の基礎知識や処理が必要なとき・処分時の困りごと・処分方法について説明しましょう。

  1. 仏具とは
  2. 仏具の処理が必要なとき
  3. 仏具の処分~困りごと
  4. 仏具の処分~自分でする場合
  5. 仏具の処分~仏具店やお寺に頼む場合
  6. 仏具の処分~不用品回収業者に頼む場合
  7. 仏具の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、仏具の正しい処分方法が分かります。処分に困っている方は、ぜひ参考にしてください。


1.仏具とは

正しい処分方法について知る前に、仏具の基礎知識を身につけることが大切です。仏具の種類や役割について説明します。

1-1.どんなものか

仏具とは、仏教の儀式で使う特殊な道具や僧侶の装飾品・仏壇に置くものなどです。もともと、仏教は最低限の着物と食器以外の金品の所有を戒律で禁じられていました。しかし、釈迦(しゃか)の死後100年が経過したときに、信者から寄付された最低限の金銭・日用品の所有許可を求める一派と、戒律を維持する保守派に分かれたのです。紀元を過ぎたころには、西域・中国に仏教が伝播するようになり、祈祷(きとう)や葬式などの儀式で道具を用いるようになりました。先祖供養や心のよりどころとして、現在でも 仏具が使われています。

1-2.どんな種類があるか

私たちにとって、最も身近な仏具と言えば、仏壇・仏像・経典・位牌(いはい)・木魚などがあります。葬式や供養・お盆の時期などで使う数珠も仏具の1つです。ほかにも、香炉・経机・梵鐘(ぼんしょう)・りん・仏飯器など、たくさんの種類があります。

1-3.現在の家庭環境における仏具の役割について

仏具を扱う会社が2013年に行った調査によると、仏壇の保有率は2人以上の世帯で39.2%でした。在宅種類別に比較すると、一戸建ては半数以上の51.8%、マンションなどの集合住宅では21.1%だったのです。面積が制限されているマンションは仏壇を置くスペースが確保できず、保有率の低下が進んでいます。また、昔よりも宗教に対する意識が低く、仏具の役割に意味を見出していない方が多いとも言われているのです。その結果、仏具の市場規模は、20年で半減しています。