仏壇の選び方で失敗したくない方! 主なポイントや注意点を教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「家族が亡くなって仏壇を用意する必要があるので、選び方のポイントを知りたい」「古い仏壇を買い替えたいが、選び方の注意点を知りたい」とお考えではありませんか? 仏壇は、故人の位はいを納める大事なものですから、失敗したくないですよね。そのためには、仏壇を選ぶ前に確認しておくべきことを知り、信頼できる購入先を探すことおすすめします。

そこで今回は、仏壇の選び方について詳しく解説しましょう。

  1. 仏壇を選ぶ前に確認しておくことは?
  2. 仏壇の選び方
  3. 仏壇の購入先を選ぶポイント
  4. 仏壇の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、仏壇を選ぶときの注意点や購入先の選び方がよく分かります。仏壇を購入する予定がある人は、記事を読んでみてください。


1.仏壇を選ぶ前に確認しておくことは?

最初に、仏壇を選ぶ前に確認すべきポイントを見ていきましょう。

1-1.仏壇の設置場所を決める

仏壇を選ぶ前に、設置場所を決めておく必要があります。今は、洋風住宅が増えており、仏間がある家ばかりではありません。どの部屋のどの位置に置くのか、きちんと決めておき、設置可能なサイズを割り出しましょう。なお、仏壇を設置するためには、直射日光が当たらず、扉の開閉に支障がない程度の余裕が必要になります。

1-2.仏壇の仕様を考える

仏壇を選ぶ前に、仕様を考えておきましょう。仏壇は、宗派によってデザインや素材など細かな仕様が決まっていることがあります。宗派ごとのしきたりに沿って仏壇を選びたい場合は、信頼できる仏具専門店にアドバイスしてもらうといいでしょう。もしくは、菩提(ぼだい)寺に相談して提携先の仏具専門店を紹介してもらうと安心です。

1-3.いつまでに用意すべきか確認する

いつまでに仏壇を用意すべきか確認してください。仏式で葬儀を行った場合は、49日法要で納骨が終わるまでに用意することになるでしょう。たとえば、特注で仏壇を購入したものの、納期が間に合わないのでは困ってしまいます。また、引っ越しと同時に買い替える場合などは、納品するタイミングを引っ越し後にしてもらうと便利です。

仏壇は宗派によっても仕様が異なるんですね。
はい。菩提寺(ぼだいじ)に相談するといいでしょう。

2.仏壇の選び方

仏壇を選ぶときの主なポイントを詳しく解説します。

2-1.どんな素材が使われているか

仏壇を選ぶときには、どんな素材が使われているかチェックしましょう。それぞれの素材にメリット・デメリットがあるので、特徴をよく理解してから選ぶことが大切です。仏壇によく使われる素材は、以下の一例を参考にしてください。

古くから使用されている素材

  • 黒檀(こくたん):濃い黒色の高級木材で、耐久性の高さが大きな魅力
  • 紫檀(したん):ローズウッドの別名を持ち、暗紫紅色で美しく丈夫
  • 白檀(びゃくだん):香りのよさが大きな特徴の高級木材
  • 欅(けやき):硬い材質で木目が美しい木材

比較的新しい素材

  • ウォールナット:褐色や紫褐色の木材で、モダン型の仏壇に多く使用されている
  • マホガニー:細かな木目が特徴の高級木材で、腐敗しにくく丈夫
  • チーク:赤褐色の木材で、丈夫で防水性に優れることなどが特徴

2-2.好みのデザインか

仏壇のデザインも重要なポイントです。ごくシンプルなものから豪華な装飾付きのものまで、好みによって選ぶことができます。なるべく多くの仏壇を目にして、気に入ったデザインを選ぶといいでしょう。なお、最近では、洋室やマンションのリビングにマッチするモダン型の仏壇もあります。一見して仏壇に見えないデザインのものもあるので、チェックしてみるといいでしょう。

2-3.使い勝手はよいか

仏壇の使い勝手も確認してください。仏壇には、複数の引き出しをはじめとする収納機能があります。収納機能が充実していれば、葬儀関連のものなどをまとめておくことができて便利です。電灯が付いているタイプなら、ろうそくが不要になりより安全に使用できます。さらに、扉の開け閉めも問題なくできるかなど、隅々までチェックしておきましょう。

2-4.予算内で収まるか

仏壇を選ぶ際、予算内で収まることも大切なポイントです。仏壇は、高級な素材を使用したものや、デザインに凝ったものも多く、中には数百万円以上になるものもあります。予算に余裕がないときは、業者にきちんと予算を伝えてベストな仏壇を提案してもらうようにしましょう。

仏壇はデザインで選んでもいいんですね。
はい。宗派を問わない、モダンなデザインのものもあります。

3.仏壇の購入先を選ぶポイント

信頼できる購入先を選ぶポイントを詳しく見ていきましょう。

3-1.豊富な種類の仏壇を取り扱っている

豊富な種類の仏壇を取り扱っている業者がおすすめです。さまざまな種類の仏壇から、好みや設置場所の条件に合わせて選ぶことができます。また、低価格のものから高価なものまで予算に合わせて選びやすいのもメリットです。特定のタイプの仏壇だけを取り扱っていたり種類のバリエーションが少なかったりする場合は、選ぶ自由がなくなるため不満が残りやすいでしょう。

3-2.店内や仏壇がキレイに掃除されている

業者の店舗に足を運んだ際、店内や仏壇がキレイに掃除されているかチェックしてください。きちんと掃除されていれば、店舗管理が行き届いていて、商品を大切にしている証拠です。反対に、仏壇にホコリが積もっていたり床が汚れていたりする場合は、おすすめできません。

3-3.顧客の希望をじっくり聞いてアドバイスしてくれる

仏壇の購入先は、顧客の希望をじっくり聞いてアドバイスしてくれるところが一番です。販売店としては、なるべく高価で利益が多く出る仏壇を売りたいのが本音でしょう。しかし、信頼できる販売店では、単に利益を追求するのではなく顧客それぞれの希望や予算をよく考えて選ぶことで、高い満足度につながることを理解しています。顧客の希望や予算を無視して高価な仏壇をすすめてくるだけの販売店は、信用できません。

3-4.スタッフの言葉遣いや態度が丁寧

スタッフの言葉遣いや態度が丁寧なことも、よい購入先の条件です。親しさとなれなれしさを取り違え、くだけた言葉遣いをしてくる業者はおすすめしません。仏壇は、故人の位はいを納める大切なものです。遺族の気持ちを十分に理解し、丁寧な言葉遣いと態度で接してくれる業者なら、安心して相談・購入できることでしょう。

3-5.保証やアフターサービスが充実している

購入後の保証やアフターサービスが充実していることも、必ずチェックしておきましょう。仏壇は、長く使い続けるものです。扉の不具合や電灯の故障など、何らかのトラブルが発生することもあるでしょう。仏壇に使われている部品は特別なものが多く、簡単に入手しにくいことがあります。しかし、保証やアフターサービスが充実していれば購入先がベストを尽くしてくれるので安心です。

アフターサービスが充実したところを選ぶことも大切なんですね。
はい。仏壇は定期的なお手入れが必要なこともあります。値段だけでお店を選ばないようにしましょう。

4.仏壇の選び方に関するよくある質問

最後に、仏壇の選び方に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.豪華な装飾がある仏壇のほうが供養になる?
A.特に関係ありません。亡くなった人を思う気持ちがあれば、豪華な装飾がなく、ごくシンプルな仏壇でも十分に供養できます。

Q.引っ越しが多い場合におすすめの仏壇は?
A.コンパクトタイプの仏壇をおすすめします。引っ越しの際、楽に運び出すことができ、新居でも置き場所に困らないからです。最近では、チェストなどの上に設置できるタイプも増えているので、いろいろと探してみるといいでしょう。

Q.仏壇が安くなるタイミングは?
A.以下のようなタイミングです。

  • お彼岸・お盆前
  • 年末年始
  • 業者の在庫セール

買い替えなど自分で仏壇を購入するタイミングを選べる場合は、検討してみるといいでしょう。

Q.仏壇の買い替えは何年ごとに考えるべきか?
A.特に決まりはありません。手入れや掃除をきちんとすれば、数十年使い続けることも可能です。何らかの原因で仏壇の素材が傷んだり、ライフスタイルに合わなくなったりしたときなどに買い替えを検討するといいでしょう。

Q.買い替えで不要になった仏壇を処分する方法は?
A.以下のような方法があります。

  • 菩提(ぼだい)寺に依頼する
  • 仏壇店に引き取ってもらう
  • 自治体回収で粗大ゴミに出す
  • 不用品回収業者に処分してもらう

なお、当遺品整理ファンデックスでも、仏壇の処分をお受けしています。回収した仏壇は提携寺院にて合同供養後に処分していますので、安心してご依頼ください。

まとめ

今回は、仏壇の選び方について詳しく解説しました。仏壇を選ぶ前に、設置場所や仕様・予算を決めておくことが大切です。実際に選ぶときは、実績が豊富で親切にアドバイスしてくれるなど、信頼できる業者によく相談することをおすすめします。仏壇は、何度も買い替えるものではないので、できるだけじっくり検討して決めるといいでしょう。なお、買い替えなどで不要になった仏壇は、菩提(ぼだい)寺や仏具店のほか、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。中でも、自社や提携寺院にて遺品供養を行っているところに依頼すると安心です。