着物を処分する方法を解説! 売却できる着物の特徴も紹介!

「着物が不要になったが、まだ十分着ることができるので捨てるのはもったいない」と悩んでいる人はいませんか? 着物は元値が高価なので、不要になったからといって捨てるのももったいないものです。ですから、「どんな着物が売れるのか、着物の買取をしてくれるところはどこか知りたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、売却を含む着物の処分方法を紹介します。

  1. 着物を処分する方法
  2. 売却できる着物の種類や特徴
  3. 着物を高く売るコツ
  4. 着物の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、売却できる着物の特徴や売却以外の処分方法もわかります。着物の処分を検討している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


初七日はいつ執り行う法要なの?数え方や意義をご紹介します。

人が亡くなると、通夜と葬儀をします。
しかし、仏式の場合はその後も法要といって死者を弔う儀式が続くのです。
葬儀の後、最初に来る法要が初七日。
そこで、今回は初七日の数え方やいつ法要を行えばいいのか、ということなどをご紹介します。
今は仏壇がないお宅も少なくありません。
また、法要の際に僧侶へ払うお布施の額で悩む人もいるでしょう。
初七日法要の行い方も時代に合わせて変わってきています。
この記事を読めば、今の初七日事情がよく分かるでしょう。

  1. 初七日とは?
  2. 初七日の計算の仕方と法要の執り行い方とは?
  3. 仏式で葬儀を行わなければ、初七日を執り行う必要はない
  4. 遺族の葬儀や法要に対する心構えとは?
  5. おわりに

戒名料の相場はどのくらい?戒名をつけないとお葬式はできないの?

仏式で葬儀を執り行う場合、お寺から「戒名をどうしましょうか」と聞かれます。
しかし、戒名の意味や名付ける理由などが分からない、という方も多いでしょう。
また、戒名料に納得がいかないという方も増えています。
そこで、今回は戒名の意味や相場についてご説明しましょう。
現在、日本の葬儀は仏式で行われることが多いので、戒名料も葬儀費用の一部のように取り扱われています。
しかし、決して戒名をつけなければいけないということはありません。
戒名について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 戒名って何?
  2. 戒名の意味や相場とは?
  3. なぜ、戒名でトラブルになるのか?
  4. 戒名の名付けによるトラブルを防ぐには?
  5. おわりに

葬儀社の選び方は? 重視すべきポイントや見積もりの注意点も紹介!

「葬儀社の選び方が分からなくて困っている」という人は多いでしょう。大切な家族が亡くなり、最初にやらなければならないのが葬儀社選びです。中には、「気が動転していて葬儀社をきちんと選べなかった」という人も多いと思います。

この記事では、葬儀社の種類や選ぶポイント・見積もりを取る際の注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 葬儀社の種類3つ
  2. 葬儀社を選ぶタイミングは?
  3. 葬儀社の探し方を紹介
  4. 葬儀社を選ぶ5つのポイント
  5. 葬儀社から見積もりを取る際に注意すべきこと
  6. 葬儀社の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、葬儀社を選ぶ前に知っておきたいことや、葬儀社を決めるベストタイミングなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


お墓をいらないと思う方が増えている? お墓を作らない供養の仕方とは?

お墓ってなんで必要なの?

現在、供養する人もなく荒れ果ててしまうお墓が問題になっています。また、先祖代々のお墓を管理しきれずに悩んでいる方も多いのです。「自分はお墓なんていらない」という方も増えているとか。しかし、お墓を作らないことなどできるのでしょうか?

そこで、今回は今増えているお墓を作らない供養の仕方をご紹介します。お墓は、その人が生きた証(あかし)でもあるのです。しかし、子どもや孫には苦労をかけたくない。この記事では、逝く人と遺される人が双方満足できる埋葬の仕方を紹介していきます。

  1. お墓を作る意義とは?
  2. 現在のお墓がかかえる問題点とは?
  3. お墓を作らないことはできるのか?
  4. 大切なのは生前の話し合い
  5. おわりに

手元供養の方法とは?~お墓を持たない新しい供養のかたち~

お墓や納骨堂に遺骨を保管するのが難しい人もいます。
そういう人たちが選ぶ方法として「手元供養」があるのです。
手元供養とは、その名のとおり遺骨を手元で供養していくこと。
親が亡くなるとお墓や納骨堂などに遺骨を保管し、そこに出向いて手を合わせるのが一般的です。
しかし、近年はさまざまな事情による「墓離れ」がすすんでいるのも事実。
新しい供養のかたちとして、手元供養を考えてみてはいかがですか?
どのように始めるのか、費用はどのくらいなのか、まだ一般的に知られていない手元供養についてご紹介したいと思います。

  • 親が亡くなって供養について考えている
  • お墓を持つのが難しい
  • 手元供養について知りたい

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


仏壇の選び方で失敗したくない方! 主なポイントや注意点を教えます!

「家族が亡くなって仏壇を用意する必要があるので、選び方のポイントを知りたい」「古い仏壇を買い替えたいが、選び方の注意点を知りたい」とお考えではありませんか? 仏壇は、故人の位はいを納める大事なものですから、失敗したくないですよね。そのためには、仏壇を選ぶ前に確認しておくべきことを知り、信頼できる購入先を探すことおすすめします。

そこで今回は、仏壇の選び方について詳しく解説しましょう。

  1. 仏壇を選ぶ前に確認しておくことは?
  2. 仏壇の選び方
  3. 仏壇の購入先を選ぶポイント
  4. 仏壇の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、仏壇を選ぶときの注意点や購入先の選び方がよく分かります。仏壇を購入する予定がある人は、記事を読んでみてください。


家族葬をお考えの人へ!〜メリット・デメリット・注意点を知ろう〜

最近注目の「家族葬」とは、家族や親しい友人などだけで行う葬儀です。形式にとらわれず、気をつかわず、ゆっくり故人とお別れができます。高齢の親御さんが亡くなり、家族葬にしようかと考えている方に向け、基礎知識をご紹介しましょう。

  1. 家族葬とは
  2. 家族葬のメリット
  3. 家族葬のデメリット
  4. 家族葬の注意点

生前整理のメリットや必要性を解説! 残りの人生をよりよく過ごすために

生前整理の必要性とそのやり方

今、生前整理をする人が増えています。雑誌やテレビなどで特集を組まれることもあり、「自分もやってみたい」と考えている人も多いことでしょう。その一方で、「生前整理には興味があるが、やり方がよく分からない」と悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は、生前整理のメリットややり方を解説しましょう。

  1. 生前整理のメリットと必要性
  2. 生前整理の基本的なやり方
  3. 生前整理を業者に依頼する方法
  4. 生前整理に関するよくある質問

この記事を読めば、生前整理の際に出た不用品の処分方法も分かります。生前整理に興味がある人や生前整理をやりたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


親が亡くなった後に必要な手続きは? 親の死後にやることリスト

子どもが親にしてあげられる最後のことは、その死を看取ることです。「縁起でもない」と思う方もいるかも多いでしょう。しかし、順当にいけば必ず親は子どもよりも先に亡くなります。親族が亡くなった後は、葬儀を出さなくてはなりません。しかし、そのほかにもいろいろな手続きが必要です。

そこで、今回は親の死去したときに必要な手続きについてご説明します。死後すぐに必要な手続きと、葬儀が終わってからでも問題ない手続きがありますので、覚えておくと慌てずにすむでしょう。ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、人が死去すると手続きが必要なの?
  2. 親が死去した後、すぐに行わなければならない手続きは?
  3. 必要に応じてできるだけ早く行う手続きは?
  4. 所定の手続きを忘れるとどうなるの?
  5. 親が元気なうちに話し合いをしておこう