生前整理のメリットや必要性を解説! 残りの人生をよりよく過ごすために

生前整理の必要性とそのやり方

今、生前整理をする人が増えています。雑誌やテレビなどで特集を組まれることもあり、「自分もやってみたい」と考えている人も多いことでしょう。その一方で、「生前整理には興味があるが、やり方がよく分からない」と悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は、生前整理のメリットややり方を解説しましょう。

  1. 生前整理のメリットと必要性
  2. 生前整理の基本的なやり方
  3. 生前整理を業者に依頼する方法
  4. 生前整理に関するよくある質問

この記事を読めば、生前整理の際に出た不用品の処分方法も分かります。生前整理に興味がある人や生前整理をやりたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


親が亡くなった後に必要な手続きは? 親の死後にやることリスト

子どもが親にしてあげられる最後のことは、その死を看取ることです。「縁起でもない」と思う方もいるかも多いでしょう。しかし、順当にいけば必ず親は子どもよりも先に亡くなります。親族が亡くなった後は、葬儀を出さなくてはなりません。しかし、そのほかにもいろいろな手続きが必要です。

そこで、今回は親の死去したときに必要な手続きについてご説明します。死後すぐに必要な手続きと、葬儀が終わってからでも問題ない手続きがありますので、覚えておくと慌てずにすむでしょう。ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、人が死去すると手続きが必要なの?
  2. 親が死去した後、すぐに行わなければならない手続きは?
  3. 必要に応じてできるだけ早く行う手続きは?
  4. 所定の手続きを忘れるとどうなるの?
  5. 親が元気なうちに話し合いをしておこう

生前葬とは? 概要・やり方をメリット・デメリットと共に紹介します!

生きているうちに自分の葬儀を執り行うことを、「生前葬」といいます。葬儀特有の暗い雰囲気がなく親族の負担も軽いということで、利用する人もだんだんと増えているそうです。

そこで、今回は生前葬のメリット・デメリットをご紹介しましょう。生前葬というと、「特別な人がやること」というイメージがありますが、今は一般の方でも行うケースが少なくありません。

また、生前葬とまではいわなくても生前に葬儀の準備を整えておくことは、悪いことではないのです。興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 生前葬とは?
  2. 生前葬のやり方は?
  3. 生前葬のメリット・デメリット
  4. 生前に葬儀の段取りを決めておくことは大切
  5. 葬儀の段取りはどうやって組んでいけばいいの?

空き家を放置しておくと発生する問題とは?地域の治安が悪化するかも

今、空き家の増加が全国的な問題になっているそうです。
いったいなぜ空き家が増えているのでしょうか?
そこで、今回は空き家が増えている原因や問題点などを分かりやすくご説明します。
空き家を放置しておくと、皆様が思っている以上に大変なことになるかもしれません。
また、空き家を抱えて困っている方向けのアドバイスなどもご紹介しましょう。
空き家を抱えて困っているという方や秋や問題に興味があるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 全国的に空き家が増えている理由とは?
  2. 空き家を壊すに壊せない事情とは?
  3. 空き家を放置しておくと発生する問題とは?
  4. 空き家を何とかしたい場合は、自治体に頼ろう
  5. ​おわりに

荷物の持ち方で大きく変わる! 腰痛を防ぐ方法とは?

引っ越しや部屋の整理をするときに、重たい荷物を運ばなければならないこともあるでしょう。重たい荷物を持ち上げるとき、持ち上げたまま移動するとき、注意しておかないと腰痛を引き起こしてしまうことがあります。もともと腰痛を持っているという方は、特に注意が必要です。ポイントをしっかり押さえておかないと、腰痛が悪化してしまうことがあります。腰痛はひとたびなってしまうと繰り返してしまい、癖になる恐れがあり、安易に捉えないようにしましょう。
重たい荷物は、コツを知っておけば楽に持ち運びできるものです。腰への負担が軽減されます。また、重たい荷物を持ち運びした後はしっかりケアをして、作業後に苦痛を感じないようにしましょう。
重たい荷物の運び方や作業後のケアについてご紹介します。引っ越しや部屋の整理などの予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 腰を痛めないで荷物を持ち運ぶ方法
  2. 腰痛防止策
  3. 作業後の腰へのケア
  4. まとめ

意外と知らない雛人形を手放す方法! 感謝の気持ちを込めた処分の仕方

大切な娘のためにそろえた雛人形も、お子さんが嫁がれたことを機に飾ることもなくなるでしょう。「押し入れの奥で眠ったまま、どうしたらよいのか分からない」という人も多いはずです。昔から「人形には魂が宿る」と言われていることもあり、簡単にゴミ袋に入れて捨てる気にはなれませんよね。では、どのように処分すればよいのでしょうか。

「雛人形の処分に困っている」「そのまま捨ててしまってよいのか?」「処分の仕方を知りたい」そんな人たちのために、雛人形の処分方法や供養にかんする情報をまとめてみたいと思います。

  1. 雛人形の処分方法
  2. 供養はすべきなのか?
  3. 処分する際の注意点

業者を利用せずに引っ越しを考えている方へ! 冷蔵庫や洗濯機の運び方

引っ越しをする際、重たい家具や家電を運び出す作業があります。業者に依頼するのが1番安心ですが、自分たちで引っ越しを考えている人は多いでしょう。しかし、業者を使わず引っ越しをする際は、注意点がいくつかあります。

重たい冷蔵庫・洗濯機の運び方や搬出時の注意、腰痛防止のポイント、自分で引っ越しする際の心得について説明しましょう。

  1. 冷蔵庫・洗濯機の運び方と搬出時の注意
  2. 腰痛防止のポイント
  3. 自分で引っ越しする際の心得

生前贈与のメリット・デメリットは?スムーズに行うためのポイント

「生前贈与」とは、自分名義の財産を生きているうちに配偶者や血縁者へ相続させることです。財産の種類や使い道によっては、死後に相続するよりもメリットがあるでしょう。しかし、相続の仕方によってはデメリットの方が大きくなる場合もありますし、相続とみなされないこともあるのです。

そこで、今回は生前贈与のメリットとデメリットの代表的なものをご紹介しましょう。生前贈与を行いたいという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

  1. 生前贈与とは?
  2. 生前贈与の条件とは?
  3. 生前贈与のメリット・デメリットとは?
  4. 生前贈与をスムーズに行うコツとは?
  5. おわりに

独居老人の孤独死が増加中!?本人や地域が行える対策とは?

一昔前まで、高齢者の大部分は家族と暮らしていました。
しかし、今はひとり暮らしの「独居老人」が年々増えています。
そして、独居老人の増加とともに問題になっているのが「孤独死」です。
今回は、独居老人に孤独死が多い理由や孤独死を防ぐ対策方法などをご紹介します。
独居老人の孤独死は人ごとではありません。
早いうちに対策を練っておかないと、家族や友人が孤独死する可能性もあるのです。
高齢者でひとり暮らしをしている方や親族が高齢でひとり暮らしをしているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 独居老人はなぜ増えている?
  2. なぜ、独居老人は孤独死をしやすい?
  3. 親族が近くにいても、孤独死は防げない?
  4. 孤独死を防ぐにはどうしたらいいの?
  5. 孤独死を発見したり血縁者が孤独死してしまったりした場合は?
  6. おわりに

賃貸で原状回復の義務はどの程度あるの?新品同様にしなくてはダメ?

ひとり暮らしをしている親族が、孤独死をしてしまった。
というケースは今や珍しくなくなりました。
しかし、困るのは遺族です。
孤独死してしまった人の部屋は、荒れている場合も少なくありません。
大家に高額な修繕費を請求された場合はどうすればよいのでしょうか?
そこで、今回は賃貸住宅を退去する際の原状回復義務についてご説明します。
「原状回復」とは、室内をどのような状態にまで戻せばよいのでしょうか?
興味がある方や親族が孤独死してしまい対応に困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 法律で定められている原状回復はどこまで?
  2. 孤独死が引き起こす問題とは?
  3. 遺族が大家に原状回復を求められたら?
  4. おわりに