家の中で探し物を見つける3つのコツ!簡単な整理整頓ポイントとは?

探し物が見つからない

何度も探しているのに見つからない!必要なものがどうしても出てこない~!
探し物が見つからないと、イライラしてしまいますよね。
モノをよく無くすという人は、部屋が整理整頓できていないことが原因です。この記事では、家の中で探し物を見つける3つのコツと、簡単な整理整頓ポイントをご紹介しています。無くしたものが見つからず困っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 探し物が見つからない部屋の特徴
  2. 探し物を見つけるコツ
  3. 物が無くならない部屋にしよう

孫に遺産相続するための3つの方法

孫に遺産相続をする場合、注意しなければいけない点があります。法律や税金などについても確認が必要でしょう。不注意に相続を計画するなら、結局孫が問題に巻き込まれます。それでは、孫へ遺産相続をするための3つの方法とそれぞれのメリットとデメリットも考えましょう。

  1. 孫への遺産相続を計画する前に
  2. 孫への遺産相続をする3つの方法
  3. 相続税と遺産の確認

訃報の知らせ方&書き方は? 知らないと恥ずかしいマナー集

訃報の知らせ方

自分の親が亡くなったとき、近親者や親交のあった人に送る訃報(ふほう)。しかし、訃報を知らせる際、どのような内容を書けばいいのか知っているでしょうか?

そこで、この記事では、訃報の知らせ方について解説します。しっかりと訃報のマナーを押さえておきましょう。

  1. 訃報とは
  2. 訃報の知らせ方
  3. 訃報で知らせる範囲と順番
  4. 訃報の内容
  5. まとめ

マイホーム借り上げ制度のメリットとデメリット~空き家を活用する!

マイホーム借り上げ制度についてご存じですか?
どのようなメリットとデメリットがあるのか知っておく必要があるでしょう。
「空き家になっている実家を何とかしたい」という人は、この制度についてチェックしてみることをおすすめします。
活用すれば大きなメリットを得ることができる場合もあるでしょう。

  • マイホーム借り上げ制度の問題点やよくあるトラブルについて知りたい
  • 賃料収入で家賃を支払うことはできるのか?
  • メリットとデメリットを知りたい

そんな人たちを対象に詳しくご紹介します。


相続問題を弁護士に相談したい。その選び方とは?

相続とは、故人の財産を法定相続人で分け合うことです。
スムーズに相続が行われるご家庭もあれば、親や兄弟など血縁同士で争うこともあるでしょう。
中には、当人同士の話し合いでは決着がつかないこともあります。
そんなとき、弁護士に相談したいという方もいるでしょう。
そこで、今回は相続問題を相談する弁護士の選び方についてご紹介します。
現在は昔より、弁護士がずっと身近な存在になりました。
しかし、弁護士にもいろいろな種類があるのです。
また、弁護士以外に相続問題について相談できる有資格者もご紹介します。
相続問題を抱えている方は必見ですよ。

  1. 相続問題はなぜ起こるのか?
  2. 相続問題の種類と、話し合いが長引くデメリットとは?
  3. 弁護士を依頼した方がよいケースと弁護士の選び方
  4. 弁護士以外に相談できる機関とは?
  5. おわりに

キリスト教式の葬式の流れとは ~日本流とは違う部分をチェック!~

今では、日本でもキリスト教を信仰している方が多くいます。キリスト教信者の方が亡くなれば葬式もキリスト教の流れに従うことになるもの。しかし、キリスト教の葬式の流れはなじみないものです。そこで、キリスト教式の葬式の流れをチェックしておきましょう。

  1. キリスト教葬儀の特徴
  2. キリスト教葬儀の費用
  3. カトリック葬儀の流れ
  4. プロテスタント葬儀の流れ
  5. まとめ

親が滞納した税金はどうすればいい? 押さえておくべき注意点はコレ!

故人の遺産整理を行うなかで、滞納していた税金や家賃の未納が見つかった場合、その支払い義務は誰が負うものなのでしょうか? こういった事例は、人生において、何度もあることではないので判断に困るものです。

そこで、この記事では親が滞納した税金や家賃の支払い義務に対する有無、またそれらを放棄する場合の注意点について解説していきます。

  1. 親が滞納していた税金や家賃の支払い義務は誰が負う?
  2. 支払う義務が発生するものにはどのようなものがある?
  3. 債務を相続しなくてよくなる唯一の方法って何?
  4. 相続放棄する際の注意点とは?
  5. 相続放棄の手続きの流れ

相続税の控除の種類とは?知っておけば手続きがスムーズに進みます。

配偶者や親が亡くなると、やることがたくさん出てきます。
ゆっくりと行えるものもあれば、期限が決められているものもあるでしょう。
その中でも最も重要で期限があるものが、相続税の支払いです。
今回は、相続税の控除の対象をご紹介しましょう。
相続税は決して安くはありません。
しかし、控除内容を知っていれば相続税がぐっと軽減されることもあるでしょう。
家族が亡くなるとやるべきことが次から次へと出てきて、相続税のことまでなかなか手が回りません。
事前に法律を知っていると手続きもスムーズに行くでしょう。
ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

  1. 相続税とは?
  2. 相続税がかかる財産、かからない財産とは?
  3. 相続税の控除の種類とは?
  4. 財産は明確にしておくことが大切
  5. おわりに

一次相続と二次相続の違いと賢い節税対策

平成27年から相続税に関する法律が改正しました。そのため、一次相続と二次相続で生じる相続税には、いままでよりも大きな違いが出ることになったのです。賢く節税対策をしないなら、予想を超えた相続税を支払う結果になりかねません。それでは、相続税対策を賢くするために、一次相続と二次相続の違いを確認しましょう。また、どうすれば賢く節税対策ができるのかもご紹介します。

  1. 一次相続・二次相続とは
  2. 一次相続の節税対策
  3. 二次相続の節税対策

相続すべき財産の調べ方とは?遺産分割協議をする前にきちんと確認を

財産相続は、親が亡くなったときから始まるもの。被相続人が持っていたすべての財産を相続人で分け合うのです。相続手続きには、最初に相続する財産を把握することが大切。不動産や預貯金などわかりやすいものから、借金など調査しないとわからないものもあります。負債が見つかったら、被相続人の相続の対象になるのです。
ほとんどの家庭では、親の財産を把握していません。遺言書が残されているとは限らず、リストなどが残っているケースもまれです。
遺産相続は慣れている方はあまりいません。財産の種類や把握の仕方など、遺産相続時の参考にしてみてください。

  1. 財産の種類
  2. 相続財産を調べる方法
  3. 遺産相続の手続きについて
  4. まとめ