カテゴリー:葬儀・葬式

遺言書の効力について知る!~自分の思いを確実に遺すために~

遺言が持つ効力についてご存じでしょうか? 近年は「終活」という言葉が注目を集め、遺言書を遺(のこ)す人も増えてきています。遺言書は相続トラブルを防ぐ上でも非常に重要になるため、正しい書き方を把握しておく必要があるでしょう。この記事では、遺言書の効力や書き方など、知っておくべきことをまとめてご紹介します。

  1. 遺言・遺言書とは?
  2. 遺言の効力について
  3. 遺言書について
  4. 遺言書を書いたらどうするのか?
  5. 遺言書作成を依頼する場合
  6. 遺言書の開封について
  7. 遺言に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺言書を作成する上で知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


死後離婚のメリット・デメリットが知りたい! 方法や注意点について

配偶者が亡くなった後に、夫婦関係を解消することを「死後離婚」といいます。近年、死後離婚するケースが増えており、テレビなどのメディアでも言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。世間に広く知れわたったことで死後離婚を考える人もいますが、メリット・デメリットをきちんと把握しておかなければなりません。

本記事では、死後離婚の基礎知識や方法、メリット・デメリット、防ぐための手立てについて説明します。

  1. 死後離婚とは?
  2. 死後離婚の方法
  3. 死後離婚のメリット・デメリット
  4. 死後離婚を防ぐための手立て
  5. 死後離婚に関してよくある質問

この記事を読むことで、死後離婚の基礎知識やメリット・デメリットついて詳しく知ることができます。知りたい方や検討中の方は、ぜひ参考にしてください。


訃報の知らせ方&書き方は? 知らないと恥ずかしいマナー集

訃報の知らせ方

自分の親が亡くなったとき、近親者や親交のあった人に送る訃報(ふほう)。しかし、訃報を知らせる際、どのような内容を書けばいいのか知っているでしょうか?

そこで、この記事では、訃報の知らせ方について解説します。しっかりと訃報のマナーを押さえておきましょう。

  1. 訃報とは
  2. 訃報の知らせ方
  3. 訃報で知らせる範囲と順番
  4. 訃報の内容
  5. まとめ

キリスト教式の葬式の流れとは ~日本流とは違う部分をチェック!~

今では、日本でもキリスト教を信仰している方が多くいます。キリスト教信者の方が亡くなれば葬式もキリスト教の流れに従うことになるもの。しかし、キリスト教の葬式の流れはなじみないものです。そこで、キリスト教式の葬式の流れをチェックしておきましょう。

  1. キリスト教葬儀の特徴
  2. キリスト教葬儀の費用
  3. カトリック葬儀の流れ
  4. プロテスタント葬儀の流れ
  5. まとめ

四十九日法要のやり方とは?喪主として知っておくべきこと

四十九日法要のやり方が分からなくてお困りではないでしょうか?
親が亡くなり、喪主としての役割は葬儀が終わっても続きます。
亡くなった人は、死後四十九日後に仏の元へ向かうと言われており、僧侶を招いて四十九日法要という重要な法要を行う必要があるのです。
もちろんその際には、お布施も用意します。
この四十九日法要を行うためには、さまざまな準備が必要です。
当日はもちろん、喪主として挨拶をすることになるでしょう。

  • 四十九日法要の案内状はいつ用意すればよいのか?
  • どんな服装をすればよいのか分からない
  • 喪主挨拶の内容とは?

まずは、四十九日法要の意味について考えてみましょう。


墓地や霊園の選び方は?失敗しない選び方3つのポイント

大切な家族だけではなく将来は自分もまつることになるお墓は、慎重に選びたいものです。そこで、墓地がいいのか霊園がいいのかとお悩みの人も多いでしょう。両方とも同じものだと思っている人も少なくないのですが墓地と霊園は基本的に異なります。

どのような違いがあるのか、また墓地にしても霊園にしても、どのようなことを基準に選べばよいのか、知っておきたい墓地・霊園の基礎知識をご紹介しましょう。

  1. 墓地と霊園の違い
  2. 墓地の選び方のポイント
  3. 霊園の選び方のポイント

墓じまいに伴うトラブルが急増中!墓じまいをするコツを知ろう!

親が亡くなるなどを機会にして、墓じまいを考える人が増えています。
今回は、最近注目の的となっている、墓じまいについてご説明することにしましょう。

  1. 墓じまいの基本的なやり方を学ぼう
  2. 墓じまいでよくあるトラブルを紹介!
  3. 墓じまいをスムーズに行うためのポイントを確認!
  4. まとめ

これから墓じまいを行いたいと考えている方には、特に有意義な内容ですよ。


散骨は法律違反になるの?正しい方法で散骨をするための基礎知識

一般的に日本では「火葬」をします。火葬をした後、一般的に骨はお骨つぼにいれてお墓へ納めるのが基本です。しかし、骨を細かく粉末状にして海・山・川・海岸などにまく方法「散骨」もあります。

散骨は勝手にしてもいいのかどうか、法律違反にならないのか詳しく説明しましょう。散骨は法律違反かどうか、散骨できる・できない場所、メリット・デメリット、費用について一緒に見ていきたいと思います。

  1. 散骨は法律違反になるの?
  2. 散骨できる・できない場所と費用
  3. 散骨のメリット・デメリット

戒名料の相場はどのくらい?戒名をつけないとお葬式はできないの?

仏式で葬儀を執り行う場合、お寺から「戒名をどうしましょうか」と聞かれます。
しかし、戒名の意味や名付ける理由などが分からない、という方も多いでしょう。
また、戒名料に納得がいかないという方も増えています。
そこで、今回は戒名の意味や相場についてご説明しましょう。
現在、日本の葬儀は仏式で行われることが多いので、戒名料も葬儀費用の一部のように取り扱われています。
しかし、決して戒名をつけなければいけないということはありません。
戒名について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 戒名って何?
  2. 戒名の意味や相場とは?
  3. なぜ、戒名でトラブルになるのか?
  4. 戒名の名付けによるトラブルを防ぐには?
  5. おわりに

お墓をいらないと思う方が増えている? お墓を作らない供養の仕方とは?

お墓ってなんで必要なの?

現在、供養する人もなく荒れ果ててしまうお墓が問題になっています。また、先祖代々のお墓を管理しきれずに悩んでいる方も多いのです。「自分はお墓なんていらない」という方も増えているとか。しかし、お墓を作らないことなどできるのでしょうか?

そこで、今回は今増えているお墓を作らない供養の仕方をご紹介します。お墓は、その人が生きた証(あかし)でもあるのです。しかし、子どもや孫には苦労をかけたくない。この記事では、逝く人と遺される人が双方満足できる埋葬の仕方を紹介していきます。

  1. お墓を作る意義とは?
  2. 現在のお墓がかかえる問題点とは?
  3. お墓を作らないことはできるのか?
  4. 大切なのは生前の話し合い
  5. おわりに