カテゴリー:相続問題

相続と遺贈の違いは何? それぞれ選択したほうが良いケースとは?

遺言書を作成する際に、財産を誰に渡すのか「相続」にかんする記載が大切です。遺(のこ)された家族内でトラブルにならないためにも、生きているうちに財産の行く先を決めておかなければなりません。一般的に、遺産は身内のものになることが多いですが、特定の財産を相続人・相続人以外の人に無償で譲渡する「遺贈」というものもあります。財産の行く先を考えるときは、遺贈と相続の違いをきちんと把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、相続と遺贈の基礎知識やそれぞれの特徴・違いなどについて説明します。

  1. 相続の基礎知識
  2. 遺贈の基礎知識
  3. 相続と遺贈の違いについて
  4. 相続と遺贈に関してよくある質問

この記事を読むことで、相続と遺贈それぞれの基礎知識を深めることができ、適切な財産の分与が可能となります。違いについて気になっている方は、ぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡後の銀行口座は凍結される? その理由と凍結解除の方法を紹介!

死亡後の銀行口座がどうなるかご存じでしょうか? 口座の名義人が死亡したことが銀行に分かると、口座は凍結されて使えなくなります。もしその口座が公共料金の引き落とし先になっていた場合、困ることになるでしょう。しかし、銀行が口座を凍結することにも理由があるのです。この記事では、死亡後の銀行口座が凍結される理由や凍結解除の方法などをまとめてご紹介しています。死亡後の口座凍結で困ることがないように、事前に準備しておくべきことを把握しましょう。

  1. 死亡後の銀行口座は?
  2. 死亡後に必要な口座手続き
  3. 凍結を解除する必要と方法
  4. 死亡後の口座凍結で困らないために
  5. 死亡後の銀行口座にかんするよくある質問

この記事を読むことで、銀行口座にかんする死亡後の手続きや口座凍結で困らないための対策などが分かります。口座名義人の死亡後に慌てることがないよう、しっかりチェックしておいてください


このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産の名義変更に必要な知識~相続登記の手順や作成方法とは~

相続手続きはとても大切なものです。
相続に関係する財産はほとんどが「土地」や「家屋」などの不動産になります。
相続は面倒くさい、時間がかかると思うでしょう。
けれども、事前に知識を身につけておけばスムーズに手続きができます。
そこで、相続登記の手順や相続登記に必要な書類、名義変更のやり方、相続登記申請書の作成について詳しく説明しましょう。
相続による不動産の名義変更がわからない人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 不動産における相続登記の手順
  2. 相続登記に必要な書類
  3. 相続登記申請書の作成
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺産相続には手続きの期限があります!過ぎてしまったらどうするの?

遺産相続に関して、考えたことはありますか?親族の死というのは、予測できるものではありません。ある程度は、事前にそなえておく必要があります。しかも、遺産相続には期限があるのをご存じですか?期間内に手続きをせずに、過ぎてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?今回は、遺産相続の期限に関することを紹介したいと思います。

  1. 遺産相続の期限とは
  2. もし期限を過ぎてしまったら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺留分とは?トラブルが多い遺産相続で知っておきたい遺留分減殺請求

自分の親が亡くなったら、直面する問題として財産相続があります。相続する財産は、持ち主だった被相続人のものです。基本的に被相続人の自由にできるものであり、遺言書があるなら遺言書に従って配分できます。
しかし、遺言書によって配分が決まることにより、受け取れる分が少なくなってしまうことがあるはずです。あまり知られていないのは、遺留分について。遺産相続を数多く経験している方はとても少ないと思います。知識がないゆえ、損をしてしまうケースもあるでしょう。
遺留分は、相続人へ最低限保証された遺産相続分のことを意味しています。今回は、知っておきたい遺産相続についてです。遺留分とは何か、遺留分の割合などをご紹介します。遺産相続の際にトラブルを回避するためにも、知識を持っておきましょう。

  1. 遺留分とは?
  2. 遺留分の侵害について
  3. 遺留分減殺請求について
  4. 遺留分の放棄について
  5. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の延納はできる?条件や手続きとメリット・デメリットを解説!

親が亡くなった人は、相続税の支払いが気になることでしょう。
今回は、相続税の延納が可能な条件についてまとめてみました。

  1. 相続税の延納とはどういうこと?
  2. 延納の条件について解説!
  3. 延納した場合の利子税を理解しよう
  4. 延納の手続きの流れ
  5. まとめ

この記事を読むと、相続税の延納についての疑問を無くすことができるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

孫に遺産相続するための3つの方法

孫に遺産相続をする場合、注意しなければいけない点があります。法律や税金などについても確認が必要でしょう。不注意に相続を計画するなら、結局孫が問題に巻き込まれます。それでは、孫へ遺産相続をするための3つの方法とそれぞれのメリットとデメリットも考えましょう。

  1. 孫への遺産相続を計画する前に
  2. 孫への遺産相続をする3つの方法
  3. 相続税と遺産の確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続問題を弁護士に相談したい。その選び方とは?

相続とは、故人の財産を法定相続人で分け合うことです。
スムーズに相続が行われるご家庭もあれば、親や兄弟など血縁同士で争うこともあるでしょう。
中には、当人同士の話し合いでは決着がつかないこともあります。
そんなとき、弁護士に相談したいという方もいるでしょう。
そこで、今回は相続問題を相談する弁護士の選び方についてご紹介します。
現在は昔より、弁護士がずっと身近な存在になりました。
しかし、弁護士にもいろいろな種類があるのです。
また、弁護士以外に相続問題について相談できる有資格者もご紹介します。
相続問題を抱えている方は必見ですよ。

  1. 相続問題はなぜ起こるのか?
  2. 相続問題の種類と、話し合いが長引くデメリットとは?
  3. 弁護士を依頼した方がよいケースと弁護士の選び方
  4. 弁護士以外に相談できる機関とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

親が滞納した税金はどうすればいい? 押さえておくべき注意点はコレ!

故人の遺産整理を行うなかで、滞納していた税金や家賃の未納が見つかった場合、その支払い義務は誰が負うものなのでしょうか? こういった事例は、人生において、何度もあることではないので判断に困るものです。

そこで、この記事では親が滞納した税金や家賃の支払い義務に対する有無、またそれらを放棄する場合の注意点について解説していきます。

  1.  親が滞納していた税金や家賃の支払い義務は誰が負う?
  2.  支払う義務が発生するものにはどのようなものがある?
  3.  債務を相続しなくてよくなる唯一の方法って何?
  4.  相続放棄する際の注意点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の控除の種類とは?知っておけば手続きがスムーズに進みます。

配偶者や親が亡くなると、やることがたくさん出てきます。
ゆっくりと行えるものもあれば、期限が決められているものもあるでしょう。
その中でも最も重要で期限があるものが、相続税の支払いです。
今回は、相続税の控除の対象をご紹介しましょう。
相続税は決して安くはありません。
しかし、控除内容を知っていれば相続税がぐっと軽減されることもあるでしょう。
家族が亡くなるとやるべきことが次から次へと出てきて、相続税のことまでなかなか手が回りません。
事前に法律を知っていると手続きもスムーズに行くでしょう。
ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

  1. 相続税とは?
  2. 相続税がかかる財産、かからない財産とは?
  3. 相続税の控除の種類とは?
  4. 財産は明確にしておくことが大切
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加