ゴミ屋敷を片付けたい人必見! 方法やプロに頼むメリットを紹介

ゴミ屋敷に悩む人は、決して珍しくありません。芸能人でも、ゴミ屋敷に悩む人はたくさんいます。ゴミ屋敷を一度作ってしまうと、後片付けに悩むだけでなく、近所迷惑にもなるでしょう。また、自分の親兄弟がゴミ屋敷の住人となってしまい、その片付けに困っている人も増え続けています。そこで今回は、ゴミ屋敷の片付け方やゴミ屋敷の片づけを依頼できる業者などを紹介しましょう。

  1. 誰もがゴミ屋敷の住人になる可能性がある
  2. ゴミ屋敷を放置しておくデメリット
  3. ゴミ屋敷を片付ける準備
  4. ゴミ屋敷を片付ける手順
  5. ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するメリットや必要性
  6. ゴミ屋敷を再度作らないようにする方法

この記事を読めば、ゴミ屋敷になるのを防ぐ方法や自分で片付けることができるゴミ屋敷の目安なども分かるでしょう。ゴミ屋敷の片付け方に悩んでいる人や、家がゴミ屋敷にならないようにする方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


エンディングノートの書き方と知っておくべき4つのポイント

終活という言葉が注目を集めるようになった今、「エンディングノートの書き方を知りたい」という人も多いと思います。残された人生を自分らしく生きるため、そして、残された家族のために、エンディングノートには一体どのようなことを書けばよいのでしょうか。エンディングノートは「人生の記録」ともいえるものです。納得できる内容のエンディングノートを作り上げることができるように、記載すべき内容や書き方のポイントなどを知っておきましょう。

  1. エンディングノートは意思を自由に書き残すもの
  2. エンディングノートに書くべき内容は?
  3. エンディングノートを書くときのポイント
  4. エンディングノートに関するよくある質問

この記事を読むことで、エンディングノートの重要性や書くときの心がまえ・注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


老後の引っ越しのメリットや必要性を紹介! 引っ越し準備のコツは?

今、老後に住まいの住み替えをする人が増えています。「今の家では暮らしにくいので、もっと便利な場所に引っ越したい」と考えている人も多いことでしょう。しかし、老後の引っ越しは独特の注意ポイントがあります。今回は、老後に引っ越しを行うメリット・デメリットや、引っ越しの際に注意する点などを紹介しましょう。

  1. 老後に引っ越しをする理由やメリット・デメリット
  2. 老後の引っ越しをスムーズに行う方法
  3. 自分だけ荷物作りや片付けをすることの問題点
  4. 不用品の片付けをプロに依頼する方法
  5. 老後の引っ越しに関するよくある質問

この記事を読めば、引っ越しをスムーズに行う方法もよく分かります。老後に引越しを考えている人や老後の引っ越しについて知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


終活はいつから始めるべき? 具体的な内容や相談先について解説

終活は、安心して老後生活を送るための大切な作業です。いつどこで何が起きるか分からないからこそ、残された家族のためにも行う必要があります。しかし、いつから始めるべきなのでしょうか。また、終活をスムーズに終わらせるためのポイントも知ることが大切です。本記事では、終活の具体的な内容とポイントについて解説します。

  1. 終活の基礎知識を知ろう!
  2. 終活はいつから始めるべきか?
  3. 終活の具体的な内容を解説!
  4. 終活の相談先、生前整理とは?
  5. 終活に関してよくある質問

この記事を読むことで、終活の始め方やポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。


遺品で売れるものはどんな品物? 上手な売り方とポイントを解説!

大量にある遺品の中には、売れるものがたくさんあります。「遺品を売るとバチが当たるのでは?」と思われがちですが、売ったほうが処分費用の節約につながるのです。中古市場における需要が高く、価値があるものは高価買取が期待できるでしょう。本記事では、遺品の中で売れるものと売り方のポイントを解説します。

  1. 売れる遺品とは?
  2. 遺品の売り方を解説!
  3. 遺品整理を業者へ依頼する
  4. 遺品に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品で売れるものと売り方のポイントが分かります。遺品整理に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


終活と生前整理のポイント

終活と生前整理 負の遺産を残さない為に

生前整理とはどんな場面で必要になるのか?

終活やエンディングノートという単語が、徐々に一般化しつつあります。
その中で、検討課題、チェックポイントとして挙げられるのが「生前整理」です。
なぜ、この部分が必要になってくるのか?

3つのポイントについて考えました。

1)孤独死、孤立死
2)相続問題
3)不動産問題

それぞれのポイントは次のように考えられます。


遺品整理で残すものの判断基準は? 仕分けに困ったときのポイントまとめ

遺品整理をしていると、何を残して何を処分すればいいのか分からなくなってしまうことがあるでしょう。遺品の仕分けに困った場合は、先に残すものを決めてそれ以外を処分するという考え方がおすすめです。今回は、遺品整理で残すものや仕分け方法のポイントをご紹介します。

  1. 遺品整理で残すものの判断基準について
  2. 遺品整理の仕分けで困ったら?
  3. 遺品を整理・処分しよう
  4. 遺品整理や仕分けについてよくある質問

遺品整理で、何を残しておけばいいのか分からない方、仕分けで迷っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。


通帳の廃棄方法はどうすればいい? 安全・確実に処分するコツ!

「古い通帳があるけど廃棄方法が分からない」「通帳を勝手に処分しても問題はないだろうか」と、お困りではないでしょうか。特に、遺品の通帳はいつ・どんな方法で廃棄するべきなのか悩んでしまいますよね。また、通帳から個人情報が流出してしまうのも心配になるでしょう。

そこで今回は、通帳を安全・確実に処分する方法とコツを詳しく解説します。

  1. 古い通帳は廃棄する必要がある
  2. 遺品の通帳の廃棄方法
  3. 通帳の廃棄方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、通帳の廃棄方法についてよく分かり、確実に行うことができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。


空き家対策について相談するには?

15年後の空き家率は30.2%
これは、2015年にNRIが算出した予測値です。
総住宅数が71,067に増加に対して、空き家が21,466に上る見込みから出された数値です。
今後、世帯数は大幅に減少することが予想されるので、この数値は現実味を帯びた数字と言えるでしょう。
婚姻数自体が毎年2.5%前後低下を続けています。
少子化対策が実行力を発揮し、出生率を上げるためには現在の子供のいない世帯に対して子育てをしやすい環境を作り上げることもさることながら、婚姻率を上げるための施策が必要です。
世代間の所得格差が大きくなってしまっている上に、賃金の上昇率が高度成長期の様にはゆかず、なおかつ、年金負担の増や増税によって実質所得は減少しているといわざるを得ません。
所得だけが、婚姻や出産に影響を及ぼしているわけではないとは思いますが、将来に対する設計という意味において、現状の改善は急務ではないでしょうか?
株式市場においては、日経平均が過去最高額を上回り、企業収益もいわゆる上場企業は大きく改善され内部留保の含み益は莫大な金額に上ります。
企業ベースで見れば、市場は日本だけではなく世界的な規模を考え、急変に備えた内部留保を持っておきたいという理屈は一方ではわかりますが、その結果が消費の冷え込みと少子化では、国の衰退を深めてゆくばかりではないでしょうか?

これから生じる空き家対策はどうしたら良いのでしょうか?

遺品のリサイクルは業者に依頼するのがおすすめ! 費用や注意点も!

遺品整理をしていると「捨てるのはもったいない」と思うものがたくさん出てくるはずです。そんなとき、リサイクルに出すことはできないのでしょうか。遺品をただ捨ててしまうよりも、リサイクルして誰かに使ってもらったほうが気持ちもすっきりするはずです。この記事では、遺品をリサイクルする方法や遺品整理業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品はリサイクルできるのか?
  2. 遺品のリサイクルを個人で行う方法
  3. 遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ
  4. 遺品のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、リサイクル遺品にはどのようなものがあるか、遺品整理業者をどのように選べばよいかなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。