終活と生前整理のポイント

終活と生前整理 負の遺産を残さない為に

生前整理とはどんな場面で必要になるのか?

終活やエンディングノートという単語が、徐々に一般化しつつあります。
その中で、検討課題、チェックポイントとして挙げられるのが「生前整理」です。
なぜ、この部分が必要になってくるのか?

3つのポイントについて考えました。

1)孤独死、孤立死
2)相続問題
3)不動産問題

それぞれのポイントは次のように考えられます。


遺品整理で残すものの判断基準は? 仕分けに困ったときのポイントまとめ

遺品整理をしていると、何を残して何を処分すればいいのか分からなくなってしまうことがあるでしょう。遺品の仕分けに困った場合は、先に残すものを決めてそれ以外を処分するという考え方がおすすめです。今回は、遺品整理で残すものや仕分け方法のポイントをご紹介します。

  1. 遺品整理で残すものの判断基準について
  2. 遺品整理の仕分けで困ったら?
  3. 遺品を整理・処分しよう
  4. 遺品整理や仕分けについてよくある質問

遺品整理で、何を残しておけばいいのか分からない方、仕分けで迷っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。


通帳の廃棄方法はどうすればいい? 安全・確実に処分するコツ!

「古い通帳があるけど廃棄方法が分からない」「通帳を勝手に処分しても問題はないだろうか」と、お困りではないでしょうか。特に、遺品の通帳はいつ・どんな方法で廃棄するべきなのか悩んでしまいますよね。また、通帳から個人情報が流出してしまうのも心配になるでしょう。

そこで今回は、通帳を安全・確実に処分する方法とコツを詳しく解説します。

  1. 古い通帳は廃棄する必要がある
  2. 遺品の通帳の廃棄方法
  3. 通帳の廃棄方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、通帳の廃棄方法についてよく分かり、確実に行うことができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。


空き家対策について相談するには?

15年後の空き家率は30.2%
これは、2015年にNRIが算出した予測値です。
総住宅数が71,067に増加に対して、空き家が21,466に上る見込みから出された数値です。
今後、世帯数は大幅に減少することが予想されるので、この数値は現実味を帯びた数字と言えるでしょう。
婚姻数自体が毎年2.5%前後低下を続けています。
少子化対策が実行力を発揮し、出生率を上げるためには現在の子供のいない世帯に対して子育てをしやすい環境を作り上げることもさることながら、婚姻率を上げるための施策が必要です。
世代間の所得格差が大きくなってしまっている上に、賃金の上昇率が高度成長期の様にはゆかず、なおかつ、年金負担の増や増税によって実質所得は減少しているといわざるを得ません。
所得だけが、婚姻や出産に影響を及ぼしているわけではないとは思いますが、将来に対する設計という意味において、現状の改善は急務ではないでしょうか?
株式市場においては、日経平均が過去最高額を上回り、企業収益もいわゆる上場企業は大きく改善され内部留保の含み益は莫大な金額に上ります。
企業ベースで見れば、市場は日本だけではなく世界的な規模を考え、急変に備えた内部留保を持っておきたいという理屈は一方ではわかりますが、その結果が消費の冷え込みと少子化では、国の衰退を深めてゆくばかりではないでしょうか?

これから生じる空き家対策はどうしたら良いのでしょうか?

遺品のリサイクルは業者に依頼するのがおすすめ! 費用や注意点も!

遺品整理をしていると「捨てるのはもったいない」と思うものがたくさん出てくるはずです。そんなとき、リサイクルに出すことはできないのでしょうか。遺品をただ捨ててしまうよりも、リサイクルして誰かに使ってもらったほうが気持ちもすっきりするはずです。この記事では、遺品をリサイクルする方法や遺品整理業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品はリサイクルできるのか?
  2. 遺品のリサイクルを個人で行う方法
  3. 遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ
  4. 遺品のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、リサイクル遺品にはどのようなものがあるか、遺品整理業者をどのように選べばよいかなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


亡くなった人の部屋を片付ける方法。プロに頼んだ方がよいケースも紹介

亡くなった人の部屋の片付けに悩んでいる人は、珍しくありません。「がんばって遺品整理をしようと思ったが、いつまでたっても片付かず、もう限界」と思っている人もいるでしょう。遺品整理は、単なる不用品整理とは違い「時間を見つけて少しずつやっていこう」と思ってもなかなかうまくいきません。
そこで今回は、亡くなった人の部屋を片付ける方法を紹介します。

  1. 亡くなった人の部屋の片付けが難しい理由
  2. 亡くなった人の部屋の片付け方
  3. 遺品整理業者を利用する方法
  4. 亡くなった人の部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理のプロに依頼した方がよいケースなどもよく分かるでしょう。亡くなった人の部屋の片付けに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。


遺品整理は仕分けが大切? その理由や仕分け方・業者への依頼方法を解説

遺品整理に悩んでいる人は、珍しくありません。「遺品の仕分けをしなければいけないのは分かっているけれど、どこから手をつけていいか悩んでいる」という人もいるでしょう。遺品整理には遺産相続のような期限があるわけではありませんが、早めに行わないと、どんどん大変になっていきます。
そこで、今回は遺品整理のコツや遺品の仕分け方などを紹介しましょう。

  1. 遺品整理の必要性と最初に行うこと
  2. 遺品の仕分け方
  3. 遺品整理業者に依頼する方法
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理をスムーズに行うコツもよく分かります。遺品整理の方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。


生前整理の前に知っておきたい遺産相続に関する民法改正

今年、27年ぶりに相続法が改正になりました。
法の施行は平成31年1月13日からとなりますが、遺品整理などを考える上で知っておいた方がよい事柄が多々あります。
平成30年7月6日に成立した「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」がそれにあたります。
配偶者の権利保護や相続をめぐる紛争防止の為の自筆証書遺言方式の緩和などが盛り込まれたものとなっています。

遺品整理を行う前には遺産の分割に関して取決めを行わなければ、その所有権を確定できずに形見分けや残った品物の処分を行うことができません。
遺書が残されていて、細かく指示がなされていない場合、相続人の間で協議を行い、遺産分割協議書を作成し遺品の所有権を定義する必要があります。
残された遺族の間でスムーズに事が運ばないといつまでたっても処理が行えないという事態も発生しえます。
今回の改正前の法律では、遺書に関しての法的な決め事が強すぎて一般の人が遺書をしたためるだけでは効力を発しえない構造がありました。
自筆遺言方式を緩和し生前に遺書を作成しておくことで、それらを回避しやすくするという意図があります。

さてその概要は下記のようになっています。

シニア世代の断捨離を成功させる!方法・ポイント・不用品処分4つのコツ

そろそろ断捨離をしようかな……と考えているシニア世代の方、具体的な方法にお悩みではないですか? 超高齢化社会を迎え、老後は「精神的にも肉体的にも負担のない、シンプルな生活」を送りたいと考える人は多くなってきました。そのためにも、まだ体が動き判断力もあるシニア世代のうちに断捨離を行っておきたいものですよね。けれども、具体的には何から始めればいいのでしょうか。ここでは、シニアの断捨離に関するさまざまな情報を集めてみました。

  1. シニアの世代の断捨離について
  2. シニア世代の断捨離方法
  3. シニア世代の断捨離〜不用品をどうするか〜
  4. シニア世代の断捨離〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、シニア世代の断捨離に関する疑問やお悩みを解決できます。ぜひお役立てください。


老後のダウンサイジングでお悩みの人!具体的策などお得情報教えます!

最近、よく耳にする「老後のダウンサイジング」ですが、実際何をどうすればいいのだろうとお悩みの人は多いようです。老後のダウンサイジングとは、老後資金を蓄える方法の1つですが、いくら必要なのかは個々によって異なりますよね。具体的には何をすればいいのかとお悩みの人に向け、ここでは老後のダウンサイジングの基礎知識や方法などに関する情報を集めてみました。

  1. 老後のダウンサイジングについて
  2. 老後のダウンサイジングの重要性
  3. 老後のダウンサイジングの方法
  4. 老後のダウンサイジング〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、自分に合ったダウンサイジングの方法がお分かりいただけるかと思います。ぜひお役立てください。