アポ電強盗の手口が知りたい! トラブルにならないための対策を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

アポ電強盗は電話口で家に現金があるか尋ねた後、強盗に入るという卑怯(ひきょう)極まりない手口です。以前はオレオレ詐欺がニュースで話題になっていましたが、最近はアポ電強盗によるトラブルが多発しています。「自分が被害にあったらどうしよう」「どうすれば未然に防げるのか」など悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、アポ電強盗の特徴や対策を解説します。

  1. アポ電強盗の手口は?
  2. アポ電強盗の事例を紹介
  3. アポ電強盗の対策方法
  4. アポ電強盗対策に役立つサービス
  5. アポ電強盗に関してよくある質問

この記事を読むことで、アポ電強盗を未然に防ぐポイントが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.アポ電強盗の手口は?

最初に、アポ電強盗の手口や特徴をチェックしておきましょう。

1-1.他人になりすまして個人情報などを入手する

アポ電強盗(アポイントメント電話)とは、他人になりすまして個人情報や資産情報などを入手する非常に悪質な手口です。たとえば、警察・国税調査員・自治体職員・親族などターゲットが信頼しそうな相手になりすまします。そして、事前に情報を聞き出し、家に忍び込んでは犯行を行うやり方です。実際に、加害者となった人たちは家族構成・資産状況・自宅にどれだけの現金があるのかなどを聞き出され被害にあいました。電話に出ても、安易に自分の情報を伝えないことが大切です。

1-2.複数回にわたって少しずつ警戒心を解いていく

1回目の電話で金銭の要求が行われることはほとんどありません。アポ電強盗は、複数回にわたって少しずつターゲットの警戒心を解いていき、最終的に現金やキャッシュカードの受け渡しを請求することになります。何度も電話をかけてくるため、ターゲットも安心して心を許すようになるのですね。また、アポ電強盗のやり方はさまざまで、情報を聞き出した後にオレオレ詐欺や振り込め詐欺などの方法で金銭を要求するケースもあります。

2.アポ電強盗の事例を紹介

それでは、実際に起きたアポ電強盗の事例をいくつか紹介します。

2-1.親族だと思ってお金を振り込んだ

アポ電強盗のトラブルで増えているのが、親族のふりをするケースです。オレオレ詐欺は子どもになりすまして金銭を要求しますが、アポ電強盗は子どもだけでなく幅広い親族の名前を出す可能性があります。最初は「電話番号が変わった」など警戒心を解くための電話で、次に「会社のお金を使ってしまった」「入院費が必要」などで金銭が要求されるのです。親族の名前を数人出されると信用してしまいますし、「声が少しおかしいかも?」と思ったときは、「風邪で声がおかしい」と適当な言い訳で逃れる傾向があります。

2-2.警察を名乗られて警戒心が解けた

アポ電強盗は警察のふりをして、さまざまな情報を聞き出すことがあります。「オレオレ詐欺の被害が増えているので注意してください」と親切に伝えながらも「被害状況確認のため」と資産情報を聞き出そうとするのです。家に現金があるか、日中は1人で過ごしているのかなど、警察のふりをしてどんどん聞き出します。ターゲットも相手が警察ということで警戒心がすぐに解け、質問すべてに答えてしまうのでしょう。警察を名乗り情報を聞き出した後、その情報をもとに金銭を要求する詐欺電話がかかってきては被害にあったケースが増えています。

2-3.NHK職員や自治体職員などのふりをして情報を聞く

実際に、NHK職員や自治体職員であることを伝え、いろいろな情報を聞き出しては被害にあうケースが増加しています。「番組制作のために預金額について調べている」など適当な言い訳をして、聞き出そうとする流れです。さらに、その電話の後に警察を名乗る人物から電話がかかってきます。「あなたの個人情報が悪用されている可能性がある」など別の電話がある二段構成になっているのです。アポ電強盗の手口はどんどん巧妙かつ過激化しています。

2-4.詐欺から強盗に入るケースが増えている

詐欺の前ふりとして利用されていたアポ電強盗でしたが、近年は詐欺から強盗に入るケースが増えているので注意が必要です。たとえば、アポ電で自宅に保管している金銭額を聞き出した後、警察を装って「後で受け取りに行く」と伝えます。ターゲットが金銭の準備をしている最中に強盗に入るというケースが増えているのです。この手口で死人が出ている事件も起きています。いつどんなことで被害にあうのか分からないからこそ、事前の対策が重要です。

3.アポ電強盗の対策方法

ここでは、アポ電強盗の具体的な対策方法を紹介します。

3-1.知らない電話は基本的に出ない

アポ電強盗の1番の対策が、知らない電話には出ないことです。電話に出なければ、アポ電強盗の被害にあうことはありません。特に、日中に1人でいることが多い方は、かかってくる不振な電話には出ないように意識しておきましょう。また、留守電にすることでアポ電強盗を未然に防ぐことができます。犯人は声を残すことを嫌うため、留守電になると電話を切るからです。本当に必要な電話の場合、留守電になっていれば氏名や電話番号などを伝えてくるでしょう。そこで、アポ電強盗かどうかを調べることができます。

3-2.個人情報や資産情報は絶対に教えない

たとえ、電話に出たとしても個人情報や資産情報などの大切な情報は絶対に教えないようにしてください。名前・住所・電話番号・家族構成などの個人情報を電話口で伝えるのは非常に危険です。犯人は親族や市役所職員になりすまして聞き出そうとするため、知らない電話からの問い合わせには決して応じないようにしましょう。日中に家で過ごすことが多い高齢者はターゲットにされやすいため、息子夫婦と同居していると嘘(うそ)をつくのも有効です。家に1人でいることを悟られてはいけませんよ。

3-3.1度切ってかけ直す

電話に出てしまって少しでも不審な電話だと感じたときは、すぐに電話を切ってください。1度電話を切り、かけ直しましょう。本当に必要な連絡であれば、1度切れてしまったとしても何度も電話をかけようとするはずです。また、相手が伝えてきた番号や履歴に残った番号を調べて見るのもいいでしょう。親族のふりをしている場合は、その親族に電話があったことを伝えるとアポ電詐欺かどうかを調べることができます。

3-4.不審な電話はすぐに通報しよう

少しでも怪しいと思ったら、すぐに警察に相談してください。事件性や緊急性がなくても、「#9110」に電話をすれば相談に乗ってくれます。警察の相談窓口の受付時間は平日の8:30~17:15です。各都道府県の警察本部で異なるため、ホームページ等で確認しておきましょう。警察に相談する際は、かかってきた電話番号と通話内容を具体的に伝えることが大切です。今後、どのように対応すればいいのかアドバイスももらえるでしょう。

4.アポ電強盗対策に役立つサービス

ここでは、アポ電強盗対策に役立つサービスをいくつか紹介します。

4-1.ナンバーディスプレイのある電話を使う

アポ電強盗の被害を防ぐために、ナンバーディスプレイのある電話を使うことをおすすめします。ナンバーディスプレイがついていれば、知らない番号かどうか分かりますし、電話に出ずに済むからです。アポ電による被害が詐欺から強盗に発展している今、電話に出てから断るのはとても危険な行為だといわれています。犯人は些細(ささい)な会話から情報を聞き出そうとするため、電話に出ないことが1番の対策になるでしょう。また、ナンバーディスプレイのある電話の中には、防犯機能がついているタイプもあります。電話をかけてきた相手へ「通話を録音します」という警告が流れたり、着信中に注意喚起のアナウンスが流れたりする機能です。

4-2.留守番電話機能を活用する

前述したように、電話の機能を利用するのが1番の対策となります。わざわざ電話を買い替えるのが面倒という方は、留守番電話サービスを利用してください。アポ電は平日の昼間に家庭の固定電話にかかってくることがほとんどです。日中はすぐに電話に出ず、留守電に用件を吹き込んでもらうようにしましょう。本当に必要な電話であれば、留守電に残してくれるはずです。そして、相手が分かった上でかけ直せばアポ電被害のリスクを最小限に抑えることができます。

4-3.実際にアポ電の音声を聞く

警察庁や労働団体などのホームページでは、実際にかかってきたアポ電の音声を聞くことができます。特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京のウェブサイトで公開されているので、そのようなサービスを利用するのも重要な対策の1つでしょう。知人などからアポ電強盗話を聞いても、どんな電話がかかってくるのか分かりません。しかし、実際の音声を聞くことができれば、さらに意識を高めることができるはずです。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

5.アポ電強盗に関してよくある質問

アポ電強盗に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.アポ電強盗にあいやすい人は?
A.1人暮らしの高齢者がアポ電のターゲットにされやすい傾向があります。高齢になるほど頭がまわらなくなり警戒心が薄れやすいからです。また、1人暮らしの場合は相談する家族がすぐ近くにいないため、自分で判断してしまうところがあります。さらに、近年は田舎よりも都市部におけるアポ電強盗が増えてきていることをご存じでしょうか。そのため、「都会に住んでいるから安心」という考え方はNGです。自分も被害にあう可能性があることを把握する必要があります。

Q.高齢の親にも伝えたほうがいいのか?
A.ぜひ伝えてください。前述したように、1人暮らしの高齢者は家族が大きな支えとなります。高齢者1人では被害にあいやすい傾向があるため、「知らない電話には出ないように」と家族がしっかりと伝えておきましょう。また、定期的に親へ連絡を取ることも大切です。連絡をこまめに取ることで注意喚起できますし、子どもの声をしっかりと認識させることができるでしょう。家族からの連絡がアポ電強盗の対策にもつながります。

Q.防犯に役立つグッズは?
A.警察庁の公式Twitterアカウント「警察庁防犯抑止対策本部」では、アポ電強盗の対策につながるさまざまなグッズが紹介されています。都内のアポ電状況のほか、犯人が言いがちな言葉も随時解説しているため、情報収集に役立てるでしょう。主なグッズとしては、防犯対策電話録音機やワイヤレス通信の監視カメラ・自動連絡装置などがあります。

Q.アポ電以外に注意しておきたいことは?
A.自宅への急な訪問です。アポ電強盗は電話で情報を聞き出した後に、犯行を行うためにターゲットの家を訪れます。実際に、警察を名乗る人から「玄関の前に動物の死がいがあるから確認してほしい」と玄関を開けたら強盗に入られた事件が起きました。そのため、相手が警察であったとしても安易に応じないようにしてください。日中に1人でいるときは居留守を使いましょう。また、防犯対策として監視カメラを玄関口に設置する方法もあります。

Q.身のまわりにあるものを整理するのも対策になるのか?
A.直接、アポ電強盗の対策にはなりませんが、被害を防ぐためには必要なことです。きちんと自分が持っているものを把握することで、家族にも負担がかかりません。いざ自分がいなくなったときのことを考えて、できるときに身辺整理を行ってください。持っているものだけでなく、人間関係の整理もしておくと親族の名前も分かり、アポ電対策につながります。また、身辺整理で出てきた不用品は、まとめて不用品回収業者に処分してもらうといいでしょう。遺品整理ファンデックスでは不用品回収と買取サービスを行っているので、ぜひご利用ください。

まとめ

アポ電強盗は、電話で家に現金があるかを確かめた後で強盗に入るとても悪質なものです。近年は、アポ電強盗が増えているため、人ごとではないと意識を高めておかなければなりません。アポ電強盗の手口をしっかりと把握しておけば、事前に対策施すことができます。1番の対策は、知らない番号の電話には出ないこと、そして留守番電話を利用することです。また、個人情報や資産情報も簡単に伝えないようにしましょう。留守電電話を利用したり、防犯対策電話録音機を設置したりするなどの対策もあります。