骨董品・古美術の買取はこれで万全! 処分マニュアル決定版!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

骨董品や古美術は、資産価値があるものも多いものですよね。必要なときに売却すれば手元にお金が来るのも魅力的と言えます。今回は、骨董品や古美術の買取を考えている人のために、処分マニュアルをお届けしましょう。満足できる結果をつかむためには、骨董品にかんする基本から業者選びのポイントまで幅広い知識が必要です。買取で損をしたくない人は、ぜひご覧ください。

  1. 骨董品とは
  2. 骨董品の買取について
  3. 骨董品の買取方法について
  4. 骨董品の買取業者選びのポイント
  5. 骨董品の買取でよくある質問

この記事を読むことで、骨董品について深い知識が身に付き、買取依頼を出したときに損をしないで済みます。大切な骨董品を不当に安く売り渡さないためにも、隅々まで記事を読んで基本をしっかり学びましょう。骨董品をできるだけ高く買取してもらうためのコツもわかりますよ。


1.骨董品とは

まずは、骨董品について基本を学びましょう。定義や魅力、人気の理由について説明します。

1-1.骨董品の定義

骨董品とは、希少価値のある古美術や古道具のことをいいます。おおよそ100年以上前に製造したものだと考えてください。ただ年代が古いだけでは、骨董品とは呼びません。骨董品には、別の呼び方として「アンティーク」「小道具」「古美術」などもあります。骨董品の種類はとても多く、特定の種類を専門的に集めている人も多いものです。価値が高いものは偽物で悩むことが多い点も、骨董品の特徴と言えます。

1-2.骨董品の魅力や人気の理由

骨董品の魅力は、何と言っても現代では製造できない点にあります。製造当時の技術を駆使して作られた味わいや丁寧な仕事は、現代の大量生産品には無い魅力です。特に、有名作家のものにかんしては、評価額が高額になるものも多くあります。骨董品は、マニアから熱い視線を送られているのです。

2.骨董品の買取について

では、骨董品の買取について深く学びましょう。買取依頼をするために必要な知識を幅広く解説します。

2-1.ガラクタで見えるものにも価値がある

骨董品は、古いことが基本です。新品と比べると、ガラクタに見えることもあるでしょう。しかし、ガラクタに見えるものでも価値があることがあります。一般的には価値が無いと思われるようなものでも、骨董品マニアからするとのどから手が出るほどにほしいということも多いのです。今まで何も考えずにごみとして処分していたものの中にも、価値があるものが含まれていた可能性もあります。まずは、見た目だけで判断しないことが大切です。

2-2.価値があるものの例を紹介

たとえば。古びていたり汚れていたりするものでも、骨董品としての価値があるものもあります。

  • 時計
  • 茶道具
  • 掛け軸
  • 絵画
  • 食器類
  • 美術品(花びんなど)
  • 日本刀・武具

このほかのものでも、自己判断で価値が無いと判断するのはやめましょう。

2-3.骨董品の鑑定や鑑定士について

骨董品の価値を判断するためには、専門知識と経験が必要です。そのため、鑑定の勉強と経験を重ねたプロの鑑定士が存在します。鑑定士を名乗っていても、すべてが安心できるわけではありません。周囲の評判なども参考にして、信頼できる鑑定士に鑑定を依頼することが大切です。

2-4.人気の骨董品とは

骨董品の中でも、特に人気が高いものとしてはコレクションを楽しめるものが多くなります。一例としては、以下をご覧ください。

  • 茶道具
  • 食器類
  • 時計
  • 絵画

ただし、人気にも波があります。高額買取を希望する場合は、人気が高いうちに処分することが大切です。

2-5.骨董品として買取できるもの・できないもの

古いものでも骨董品として買取できるものとできないものがあります。目安として、以下を参考にしてください。

  • 有名作家が手掛けた作品:買取可能
  • 熱心なコレクターが存在する分野:(時計・食器類など):買取可能
  • 作者不明の作品:買取不可
  • 有名作品の偽物:買取不可
  • 盗品と判明したもの:買取不可
  • 大きな破損や汚損が目立つもの:基本的に買取不可(歴史的な資料となる場合は可能なこともある)

骨董品は、有名作家が作ったとされる偽物がとてもたくさんあります。本物だと思って購入したものが、実は偽物だったということも多いものです。残念ながら、偽物は骨董品としての価値が無いため、買取不可となります。

2-6.骨董品の傷や状態について

骨董品は、製造後長い時間を経過しているため、小さな傷や汚れが付着していることもあります。また、経年変化によって材質が変化していることもあるでしょう。新品のような完全な状態は難しくなります。しかし、無傷でキレイなものの方が評価額が上がるのも事実です。骨董品の保管や扱いには、気を付けましょう。

2-7.骨董品か判別しづらい場合について

一見して骨董品かどうか判別しづらいものもあります。たとえば、古い食器や茶器類・刀や掛け軸などは素人には簡単に価値を判断できません。自分で判別しづらいものについては、鑑定士に鑑定を依頼することをおすすめします。評判のいい鑑定士に依頼して、価値を査定してもらいましょう。

3.骨董品の買取方法について

骨董品の買取方法について、詳しく解説します。買取相場や高額査定のコツなど、じっくり学んでください。

3-1.骨董品を買取してくれるところは?

骨董品は、以下のところで買取をしてくれます。

  • 骨董専門店
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者

特に価値の高いものは、骨董専門店が有利になります。リサイクルショップでも、骨董品の買取に力を入れているところを選ぶべきです。また、最近では不用品回収業者の中にも骨董品買取の知識を持ったところが増えています。

3-2.自分でオークションに出品する方法について

骨董品は、自分でオークションに出品して売ることもできます。骨董品専門のオークションに参加登録をして出品しましょう。市場価値が高いと判断されたものは、思わぬ高額落札が期待できます。また、より気軽に利用できるインターネットオークションも考えてみてください。

  • メリット:予想以上の高額落札の可能性もある・本当にほしい人に手渡すことができる
  • デメリット:落札希望者が無いこともある・参加登録に手数料が必要

3-3.骨董品の買取相場について

骨董品の買取相場は、市場の需要によって大きく左右します。人気がピークの時期に買取依頼をすることで、最大の利益を得ることができるのです。反対に、人気がない時期、人気があっても数がたくさんある場合には買取相場も低下します。骨董品の買取相場は、需要と供給の動きと連動しているのです。

3-4.高額査定のコツをつかもう

できるだけ高額査定をしてもらうためには、以下のポイントに気を付けてください。

  • できる範囲でキレイに掃除する
  • 箱や鑑定書を揃(そろ)えておく
  • 人気があるうちに早めに査定に出す
  • 骨董品の知識がある業者に買取依頼する

中でも、骨董品の価値を適正に評価できる業者に依頼することが、大前提となります。価値がわからない業者だと「ただ古いだけのもの」となって、不当な査定金額となりやすいので注意しましょう。

3-5.高額査定商品とは

業者が特にほしがっている骨董品は、高額査定商品として買取を強化することがあります。骨董品の人気にも流行(りゅうこう)があるため、多くの人が探しているものが高額になることは事実です。買取を希望する骨董品が高額査定商品として指定があれば、チャンスだと考えましょう。なお、高額査定商品と指定していても市場価格より低い金額を提示してくる業者もあるので気を付けてください。

3-6.骨董品買取の申し込み方法

骨董品買取を希望するときは、査定に出して見積もりをもらってください。買取依頼は店舗に直接出向く方法以外にも、電話やFAX・メールなどさまざまな方法があります。自分が便利な方法で申し込んでください。なお、査定を申し込んでも必ず買取まで依頼する必要はありません。納得できる査定と買取金額の提示があったときに、契約しましょう。

3-7.骨董品の買取にかんする相談窓口

骨董品の買取にかんする相談窓口としては、以下を参考にしてください。

骨董品の買取にかんする悩みは、ひとりで抱え込まずににプロに相談してスッキリしましょう。

4.骨董品の買取業者選びのポイント

信頼できる買取業者を選ぶためのポイントについて解説します。業者選びの注意点も参考にしてください。

4-1.業者選びのポイントを伝授!

  • 骨董品の価値について詳しい知識がある
  • 骨董品の買取実績が豊富である
  • 骨董品の買取を強化している
  • 骨董品をできるだけ高額買取している
  • 見積もりは無料で迅速に出している
  • 希望の回収日時を優先してくれる
  • 万が一価値が無いものであっても処分を依頼できる
  • 受け答えが親切で丁寧
  • 顧客からの評判が良い
  • 古物商許可を受けた信頼できる業者である

なお当社ファンデックスでも、骨董品の買取を行っているので参考にしてください。

4-2.業者による骨董品の回収方法について

業者では、依頼者の指定場所に来て直接回収する方法を採用することが多くなります。骨董品は古いものであり、デリケートなため、取り扱いに注意が必要だからです。骨董品の性質を理解している業者は、当然ながら運搬にも気を付けます。反対に、ぞんざいな扱いをする業者は注意してください。

4-3.業者の査定や買取金額について

業者では、骨董品の状態を見て査定します。買取金額にかんしては、査定結果と市場の需要を考えて出すことになるでしょう。業者の査定前に、希望買取金額がある場合は伝えておいてください。ただし、業者でも市場価値以上の金額を付けることはできません。業者も骨董品を再販することによって、利益を得る必要があるからです。

4-4.業者に骨董品の買取依頼をする方法や流れについて

骨董品の買取を希望するときは、見積もりを申し込みます。その後、見積もり内容に問題が無く本契約になった後については、以下を参考にしてください。

  1. 業者が骨董品を回収しにくる日時を改めて相談する
  2. 指定日時に業者がやってきて骨董品を回収する
  3. 業者が骨董品を査定して改めて買取金額を提示する
  4. 業者が提示した買取金額で納得した場合は買取代金の支払いを受けて完了

骨董品の査定にかんしては、業者がその場で行う場合と持ち帰った後で行う場合の2種類があります。いずれの方法を採るかは、業者に確認しておきましょう。

4-5.業者に骨董品の買取を依頼するときの注意点

業者選びを間違えると、思わぬトラブルになるので注意してください。たとえば、業者の中にも古物商許可などを得てない違法業者もいます。不法業者との取り引きは、不当評価や入金トラブルなど何かと問題になりやすいものです。また、依頼していないものまで無理やり買取をしようとすることもあります。正当に評価をしてもらうために、業者選びは慎重に行ってください。

5.骨董品の買取でよくある質問

最後に、骨董品の買取でよくある質問に回答します。できるだけ高額買取してもらうためにも、また損をしないためにもそれぞれ目をとおしてください。

5-1.骨董品の買取依頼を取り消すことはできますか?

骨董品の買取依頼の取り消しは可能です。ただし、骨董品を引き渡してからは取り消しができないこともあるので注意しましょう。たとえば、すでに第三者の手に渡っている可能性もあるからです。また、買取依頼を取り消すにしてもきちんと理由を告げるようにしましょう。買取金額が不満なのか、気が変わったのか、いずれにしても買取依頼中止の理由は、業者にとって参考になりますからね。

5-2.複数の業者に査定依頼をしてもいいですか?

査定段階では、複数の業者に依頼しても構いません。ただし、念のためほかの業者にも依頼を出していることは告げておきましょう。中には、ほかの業者より高い金額を提示するから契約してほしいと言ってくる業者もあるものです。しかし、査定結果を冷静に比較して納得した業者と契約を交わしましょう。契約した業者以外は、速やかに連絡を入れてお礼を言っておいてくださいね。

5-3.骨董品の査定金額が予想以下の場合の主な理由は?

骨董品は、以下のよう理由で査定金額が下がることがあります。

  • ブームが去って需要が少なくなった
  • 査定のときには見逃していた欠点が見つかった
  • 偽物と判明した

なお、明確な理由が無いのに当初の見積もりより低い査定金額を提示してきた場合は、買取を保留しましょう。面倒でも、ほかの業者との契約を考えてみてください。

5-4.偽物と判明した骨董品の処分はどうすればいいですか?

偽物と判明したものには、骨董品としての価値はありません。しかし、デザインや質感が好みであれば、そのまま自分で使用しても問題無いでしょう。それに、大切な思い出が詰まっているものならば無理に処分することもありません。本当に必要が無い場合は、不用品として業者に処分してもらうことも考えてください。

5-5.骨董品が大量にある場合でも買取依頼は可能ですか?

大量の骨董品があるときは、業者に大体の量と内容を伝えましょう。業者でも、査定に時間が必要だからです。また、わかりやすいように骨董品をリスト化しておくと双方にとってわかりやすいでしょう。なお、大量の骨董品を処分するときは、特に骨董品の買取に力を入れている業者に依頼することが大切です。できるだけ高額買取してもらうためにも、見る目のある業者を選びましょう。

まとめ

今回は、骨董品の買取に必要な知識をまとめました。大切な骨董品の買取で失敗しないためには、骨董品について深く知るだけでなく、信頼できる業者を選ぶことが大切です。業者選びに力を入れることで、骨董品の価値を最大限に評価してもらうこともできます。また、骨董品は買取依頼をするタイミングも大切です。人気があるうちに、できるだけ早く手離すようにしましょう。また、骨董品をできるだけ高く買取してもらうためにも、今回の記事を何度も読んで参考にしてくださいね。