事故物件の清掃の真実。特殊清掃でしか除去できないものとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

離れて暮らす一人暮らしの親族がいる人にとって、孤独死は他人ごとではありません。孤独死は遺体発見が遅れると、特殊清掃が必要となり、故人が住んでいた部屋は事故物件として扱われます。遺族としては、悲しみもいえない中で、家主や近隣に迷惑をかけないよう早急に対応しなければなりません。この記事では、事故物件の特殊清掃が必要になった場合、どのように対処したらいいか、清掃の内容や業者選びの注意点などを紹介します。

  1. 事故物件とは?
  2. 事故物件の清掃とは
  3. 事故物件の清掃方法
  4. よくある質問

この記事を読むことで、事故物件の清掃について知識を得ることができます。特殊清掃が必要になった場合は参考にしてください。


1.事故物件とは?

事故物件とは、どのような物件のことを言うのか 詳しく見てみましょう。

1-1.事故物件とは何か

不動産物件において、居住者が殺人事件や火災など事件性のある原因で死亡した場合、または、自殺者が出た場合は「事故物件」として扱われます。事件性のない事故や孤独死などによる死亡も事故物件となることがあるのです。たとえば、病死の場合は事件性もなく、通常事故物件にはなりませんが、一人暮らしで遺体の発見が遅れた場合には原状回復が困難となるため、事故物件として扱われることもあります。
事故物件は、「わけあり物件」として、なかなか借り手や買い手がつきません。いくら原状復帰して使用に問題がなくても、「なんとなく気味が悪い」「怖い」などの感情を抱くことが普通です。これを「心理的瑕疵(かし)」=心理的な欠陥がある物件といい、貸し主は借り主に事実を伝える義務があります。
最近多い事故物件は、一人暮らしの老人の孤独死によるものです。病死であっても発見が遅れることで異臭さわぎとなり、事故物件として扱われることがあります。ベッドや布団の中でそのまま亡くなっていたり、バスタブで溺死しているケースもあるのです。

1-2.問題点

事故物件はさまざまな問題を抱えています。詳しく見ていきましょう。

1-2-1.借り主

入居しようとしている部屋が事故物件の場合、告知義務により、契約前に事故物件だと知ることができます。しかし、この告知義務は前入居者についてだけなので、2代前に何かあっても知らされることはありません。事故物件と知らずに入居して、あとになって人づてに聞いて知るケースもあります。事故物件を避けるには、同一エリアの他物件と比べて極端に安い、その部屋だけリフォームされているなど、不審な点がないか、よく調べることが必要です。

1-2-2.貸し主

貸し主にとっては、次の借り手が見つからないこともあるため、損失を被ることがある深刻な問題です。借り手がつかなければ家賃の値引きやリフォーム、外壁の塗装やマンション名を変えるなど、さまざまな方法でイメージチェンジを図る必要に迫られ、経費がかかります。また、孤独死の場合は、遺体の身元引受人が見つからないこともあり、その場合は清掃費用の負担も発生するのです。

1-2-3.その他

周辺住民にとっては、事故物件は迷惑な存在です。悪臭などの被害を感じることもあるでしょう。もし異臭などに気づかなくても、心理的瑕疵(かし)の告知は、賃貸集合住宅の場合は事故があった部屋の上下左右の部屋に告知されます。事故があった事実を知ることで、不安や気持ちの悪い思いをすることもあるでしょう。

12