遺品整理を業者に依頼するポイントをご紹介!相場・注意点とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品整理をしたいけれど時間がない」「業者に依頼したいけど不安」など、遺品整理で悩んでいる方は多いでしょう。あなたのその悩み、よくわかります。遺品整理は故人のものを整理する目的だけでなく、遺族の形見わけや財産分与にも関係する大切な作業です。だからこそ、遺品整理をする前に必要な情報を知っておかなければなりません。そこで、遺品整理の基礎知識や注意点・方法・業者選びのポイントについて説明します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の注意点
  3. 遺品整理の方法
  4. 遺品整理の業者選びのポイント
  5. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理をするための必要な情報を知ることができ、信用できる業者に依頼してスムーズに片づけることができます。遺品整理のコツをつかんで上手に整理しましょう。


1.遺品整理の基礎知識

遺品整理を始める前に、ある程度の情報を知る必要があります。これから、遺品とは何か・粗大ごみとの違いや目的など詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。遺品整理を把握しておけば、スムーズに遺品を片づけることができます。

1‐1.遺品とは何か

遺品とは「死んだ人が遺(のこ)した品物」のことです。故人が日常生活で使用していたものから家財道具・アクセサリーや金物などの貴重品・株券なども含まれています。つまり、遺品でも遺産に当てはまるものがあるのです。遺産とは死後に遺(のこ)した財産を指しています。所有権・債権・貴金属などは遺産に当てはまるのです。価値あるものはきちんと整理して形見分けをしていかなければなりません。

1‐2.粗大ごみとの違い

粗大ごみの定義は「住民の日常生活に伴って不要となった大型ごみ」です。具体的には家電や家具・スポーツ用品などがあげられます。遺品の中にも不要となるものは「粗大ごみ」に分類されるものです。しかし、仏壇などきちんと供養しなければならないものは粗大ごみとして捨てないように注意してください。供養しなければならないものと粗大ごみは、きちんと別々にしておきましょう。

1‐3.遺品整理の目的

遺品を遺族で分け合うことを「形見分け」といいます。形見分けは親族で集まっておこなわなければなりません。なぜなら、勝手に形見分けをしてしまうと親族同士でトラブルが起きるからです。遺品整理はトラブルにならないための大切な作業でもあります。また、遺品を放置すればごみ屋敷になる可能性が高いです。異臭が漂い、近所からの苦情も出てくるでしょう。故人との思い出を振り返りながら遺品整理をすることで、気持ちの整理もできます。

1‐4.遺品整理の需要

少子高齢化がすすんでいる現在の日本において、遺品整理の需要は高まってきています。遺品整理業をおこなう業者も年々増えてきているのです。業者が増えると遺品整理の求人も増えてきます。遺品整理士認定協会では、増加傾向にある遺品整理業のモラル低下を懸念して、業界の健全育成が進行中です。代表的なのが「認定試験」になります。遺品整理の資格として「遺品整理士」を設けました。

1‐5.遺品整理の業者について

遺品整理業者の主な仕事は、依頼主に代わって遺品整理をおこなうことです。仕事で忙しい・遠いところに離れて生活している方は、遺品整理をする余裕がありません。そこで、専門業者に依頼します。また、遺品整理だけでなく、不用品回収や処分に困りがちな仏壇の回収も受けつけているところもあるのです。業者によってサービス内容は異なります。

2.遺品整理の注意点

遺品整理をおこなう際、注意すべきところがいくつかあるので紹介します。事前に注意点を把握しておけば、トラブルになることなくスムーズに遺品が片付けられるでしょう。

2‐1.故人の意思の尊重

遺族にとってはどうでもいいものでも、故人にとっては大切なものがあります。遺品はあくまで故人のものです。この世にいない人だとしても「故人の意思」は尊重しなければなりません。まず、遺品整理をおこなう前に「遺言書」があるかどうか確認してください。遺言書に遺品のことが記載されていれば、遺言書どおりにすすめていかなければなりません。業者に依頼するときも遺言書の有無について聞かれます。

2‐2.親族間のトラブル

よく起きているのが親族間のトラブルです。遺品の中には株券・アクセサリー・宝石・土地所有権など価値の高いものもあります。もし、親族に伝えず勝手に形見分けをしてしまえば黙っていません。「なぜ勝手に遺品整理をしたのか」と訴えられたケースも多数あります。親族間でトラブルにならないためにも、遺品整理をおこなう旨をきちんと伝えてください。そして、親族全員の了承を得たうえで遺品整理をしましょう。

2‐3.ゴミ屋敷問題

遺品を放置し続けると、いつの間にかゴミ屋敷になってしまいます。ゴミ屋敷になると近隣トラブルの発生率が高くなる・片付けに時間と手間がかかるなど問題が出てくるものです。ゴミ屋敷化する前に遺品整理・不要なものの処分・処理をしていきましょう。明らかなごみはすぐに処分してください。

2‐4.遺品整理の法律手続きについて

遺品整理に関連する法律手続きには「相続放棄」「単純承認」「限定承認」の3種類があります。自分が相続人と分かった時点から3か月以内に手続きをしなければなりません。法律手続きは家庭裁判所の申述で完了できます。きちんと手続きしなければ法律違反とみなされるので注意してください。また、遺産の中には相続税がかかるものがあります。相続税がかかる遺品は相続開始から10か月以内に申告・納税をしなければなりません。

  • 相続放棄…すべての財産を放棄する
  • 単純承認…故人と同等の立場で財産を引き継ぐ
  • 限定承認…借金などのマイナス財産から差し引いた財産を相続する

3.遺品整理の方法

それでは、遺品整理はどんな方法があるのでしょうか。遺品整理の流れや仕分けの重要性・必要な道具・人数・日数など詳しく説明します。

3‐1.遺品整理の流れ

まず、大きなものから片付けていきます。大きなものから整理していけば、ある程度部屋の中がスッキリして片付けやすくなるでしょう。そして、「要らないもの」「要るもの」「価値あるもの」と3つに分類していきます。アルバムや思い出の品は大切なものになるので「要るもの」です。欲しい人がいない家具や家電類は要らないもの、アクセサリーなどの貴重品類は価値あるものになります。親族同士で話し合いながらすすめていくとトラブルにならないのでおすすめです。

3‐2.仕分けの重要性

きちんと仕分けをすることで形見分けがしやすくなります。自分にとっては要らないものでも、ほかの親族にとっては思い出深いものだったり、自分で勝手に判断してはいけません。仕分けは親族同士で確認し合うための作業でもあります。「面倒だから」と適当に整理するのではなく、故人がいつどんなときに使っていたのか考えながら仕分けをしてみてください。

3‐3.必要な道具・人数・日数

一軒家や何部屋もあるマンションだと1人で遺品を片付けるのは大変です。最低でも2人~3人必要になります。また、遺品整理にかける日数は1週間以内が好ましいです。遺品整理に長く時間をかけると、賃貸物件の場合は家賃を支払わなければなりません。また、遺品整理に必要な道具「軍手」「ダンボール」「ごみ袋」「マスク」「ほうき・ぞうきん」なども始める前に用意しておきたいですね。

3‐4.自分でやる場合のコツ・メリット・デメリット

自分でやる場合、家族や親族で助け合いながら遺品整理をするのがポイントです。1人ではなかなか作業がすすみません。人手を借りて遺品を片付けたほうがスムーズにすすみますよ。自分で遺品整理をするメリットは「自分たちの手で仕分けができること」「費用を抑えられること」「心を整理するきっかけになること」です。自分たちのペースで遺品の仕分けができるので、心を整理するきっかけになります。一方、デメリットは「思い出の品に触れると気持ちが辛(つら)くなる」「時間と手間がかかる」「不用品がたくさんあるとゴミ処理場まで運ぶ必要がある」などです。気持ちの整理ができない方は、故人の品に触れるたび辛(つら)い思いが蘇(よみがえ)るでしょう。そのため、なかなか整理がすすみません。

3‐5.業者に頼む場合のメリット・デメリット

業者に遺品整理を頼む場合、大きなメリットは「スムーズに作業がすすめられること」です。遺品整理士の資格を持っているスタッフがいれば、任せるだけでトラブルもなくスムーズに遺品整理を済ませることができます。また、遺品整理サービスの中には不用品回収をおこなってい業者もあるのです。不用品をそのまま回収してくれるので、わざわざゴミ処理場まで運ぶ必要はありません。逆に、デメリットは「遺品整理の費用がかかること」です。けれども、弊社ではゴミの廃棄処理にかかる費用を極力抑えています。

4.遺品整理の業者選びのポイント

スムーズに遺品整理をするためには「業者選び」がポイントになります。信用できる業者に依頼するためにも、プロならではの利点や遺産整理士・遺品整理の相場などチェックしておきましょう。

4‐1.プロならではの利点

経験豊富なプロはお客様の要望に合わせて、的確かつ迅速な仕分けができます。自分たちでするよりも効率的に遺品整理をすすめてくれるでしょう。特に、遺品の量が多い場合、自分ではなかなか整理できません。遺品整理のプロだからこそ、大量にある遺品でもスムーズにすすめられるのです。

4‐2.遺品整理士について

遺品整理士は遺品整理の取り扱いや遺品整理に関係する法規制の知識を得ている人のことです。遺品整理のプロフェッショナルになります。廃棄物・リサイクル品の取り扱いにかんする知識も得ているので、品物に合った正しい処分方法ができるのです。遺品のプロに依頼すれば、安心して任せられるでしょう。

4‐3.業者選びのポイント

遺品整理業をおこなっている業者はたくさんあります。業者選びでの注目ポイントは「見積もり」です。悪徳業者は見積もりに穴があります。より詳しく分かりやすく見積書が記載されている業者は安心です。また、「スタッフの対応」も要チェックポイントになります。業者スタッフの対応は遺品に対する姿勢と思っておいてください。丁寧に対応してくれるところは、遺品にある故人の思いも大切にしてくれますよ。

4‐4.遺品整理の相場

遺品整理で最も気になるのが「相場」でしょう。遺品整理・処分にかかる料金は、間取り1Kでおよそ3万~4万円です。部屋の大きさや不用品の量によって費用が異なります。まずは、1度見積もりを依頼してどのくらいの料金になるのか確かめてください。

4‐5.注意点

遺品整理をよりスムーズにすすめられるよう、業者に「何を残したいのか」しっかり伝えておいてください。特に、遠い場所で生活している人は代行サービスを受けることになるでしょう。遺品整理の現場に立ち会えないので「捨ててほしくないもの」「残しておきたいもの」の区別をきちんと業者に伝えることが大切です。

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。遺品整理を業者に依頼しようと考えている方・遺品整理を始める方はぜひチェックしてください。

5-1.相続税がかかる遺品とは?

相続税の対象となる財産は不動産・債権・現金・有権証券・自動車・ゴルフ会員権などです。遺品整理の際は相続税がかかる遺品を別に仕分けておかなければなりません。

5-2.遺品を片付けるべき時期・タイミングとは?

親族同士が集まりやすい49日がベストタイミングです。葬式や通夜当日はバタバタするのでおすすめしません。ある程度、落ち着いた日がいいでしょう。

5-3.見積もりは無料?

弊社での見積もりは無料です。インターネットまたは電話から申し込みができます。24時間365日対応可能なので、いつでも見積もりを依頼してください。

5-4.人目が気になる場合はどうしたらいいのか?

弊社ではできるだけ、近隣の迷惑にならないよう配慮しています。優良業者であるほど、お客様の目線に立って遺産整理をすすめるので安心してください。

まとめ

いかがでしたか?遺品整理は故人の思いを大切にしながら、遺族の気持ちも整理する大切な作業です。形見分けをするための作業でもあるため、親族同士で話し合いながらすすめていかなければなりません。もし、自分ですすめられない場合は遺品整理のプロである業者に依頼してください。プロならではの対応でスピーディーに遺品の片付けができます。