月別アーカイブ 2018年9月

遺品のリサイクルは業者に依頼するのがおすすめ! 費用や注意点も!

遺品整理をしていると「捨てるのはもったいない」と思うものがたくさん出てくるはずです。そんなとき、リサイクルに出すことはできないのでしょうか。遺品をただ捨ててしまうよりも、リサイクルして誰かに使ってもらったほうが気持ちもすっきりするはずです。この記事では、遺品をリサイクルする方法や遺品整理業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品はリサイクルできるのか?
  2. 遺品のリサイクルを個人で行う方法
  3. 遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ
  4. 遺品のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、リサイクル遺品にはどのようなものがあるか、遺品整理業者をどのように選べばよいかなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


亡くなった人の部屋を片付ける方法。プロに頼んだ方がよいケースも紹介

亡くなった人の部屋の片付けに悩んでいる人は、珍しくありません。「がんばって遺品整理をしようと思ったが、いつまでたっても片付かず、もう限界」と思っている人もいるでしょう。遺品整理は、単なる不用品整理とは違い「時間を見つけて少しずつやっていこう」と思ってもなかなかうまくいきません。
そこで今回は、亡くなった人の部屋を片付ける方法を紹介します。

  1. 亡くなった人の部屋の片付けが難しい理由
  2. 亡くなった人の部屋の片付け方
  3. 遺品整理業者を利用する方法
  4. 亡くなった人の部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理のプロに依頼した方がよいケースなどもよく分かるでしょう。亡くなった人の部屋の片付けに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。


遺品整理は仕分けが大切? その理由や仕分け方・業者への依頼方法を解説

遺品整理に悩んでいる人は、珍しくありません。「遺品の仕分けをしなければいけないのは分かっているけれど、どこから手をつけていいか悩んでいる」という人もいるでしょう。遺品整理には遺産相続のような期限があるわけではありませんが、早めに行わないと、どんどん大変になっていきます。
そこで、今回は遺品整理のコツや遺品の仕分け方などを紹介しましょう。

  1. 遺品整理の必要性と最初に行うこと
  2. 遺品の仕分け方
  3. 遺品整理業者に依頼する方法
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理をスムーズに行うコツもよく分かります。遺品整理の方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。


生前整理の前に知っておきたい遺産相続に関する民法改正

今年、27年ぶりに相続法が改正になりました。
法の施行は平成31年1月13日からとなりますが、遺品整理などを考える上で知っておいた方がよい事柄が多々あります。
平成30年7月6日に成立した「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」がそれにあたります。
配偶者の権利保護や相続をめぐる紛争防止の為の自筆証書遺言方式の緩和などが盛り込まれたものとなっています。

遺品整理を行う前には遺産の分割に関して取決めを行わなければ、その所有権を確定できずに形見分けや残った品物の処分を行うことができません。
遺書が残されていて、細かく指示がなされていない場合、相続人の間で協議を行い、遺産分割協議書を作成し遺品の所有権を定義する必要があります。
残された遺族の間でスムーズに事が運ばないといつまでたっても処理が行えないという事態も発生しえます。
今回の改正前の法律では、遺書に関しての法的な決め事が強すぎて一般の人が遺書をしたためるだけでは効力を発しえない構造がありました。
自筆遺言方式を緩和し生前に遺書を作成しておくことで、それらを回避しやすくするという意図があります。

さてその概要は下記のようになっています。