月別アーカイブ 2017年1月

遺品の片付け時期はいつから? 遺品整理士と業者のサービスをご紹介

親や親戚が亡くなり、葬儀を執り行います。葬儀をして終わりではなく、故人が持っていた品々を片付ける作業が必要です。悲しい気持ちが先立ち、どうしても手を付けられずにずっと放置しているという方も、中には少なからずいます。とはいえ、遺品整理をしなければ、遺産相続も進まないといった負の連鎖が起こるでしょう。
「遺品整理はいつからやればいいの?」「遺品整理士だと早く片付けられる?」といった疑問はとてもよく分かります。一般的に、遺品整理をどのように進めているのか分かりにくいため、初めての方だと戸惑うことばかりです。
離れて暮らしていた親や親族の場合、遺品整理に時間を割くことができず、時期を逃してしまうこともあります。しかし、遺品整理は気持ちの整理を付けるためにも、時期を決めて行うのが理想です。
今回は、遺品整理の時期や片付けについてご紹介します。

  1. 遺品の片付け時期について
  2. 遺品の片付けにかんする困り事について
  3. 遺品の片付け方法
  4. 遺品整理業者について
  5. 遺品整理でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、遺品整理の基礎知識を身に付けることができ、不安や悩みも解消できるでしょう。自力での片付けが難しいという方も、遺品整理士を活用するなどのヒントを得られます。


遺品整理が大変で負担がかかる理由とは?整理の仕方と共に紹介します。

今、親や兄弟の遺品整理に悩む方が増えています。親の家を整理する方法がテーマとなった書籍がベストセラーになり、遺品整理を専門に行う業者も増えてきました。しかし、その一方で遺品整理の大変さや負担の大きさを理解していない方も多く、親や兄弟が亡くなってから慌ててしまう方も珍しくありません。

そこで、今回は遺品整理の大変さや負担の大きさをご説明するとともに、遺品整理で悩まないための方法をご紹介しましょう。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理のここが大変!
  3. 遺品整理を効率よく行う方法
  4. 遺品整理業者に依頼できることや選び方
  5. 遺品整理に関するよくある質問

遺品整理の大変さが理解できれば生前整理の重要性も分かりますし、業者に依頼する踏ん切りもつけやすくなります。遺品整理について興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


遺品整理でゴミ屋敷から脱出! 困ったとき業者に依頼するメリット

故人を送り出した後、遺品整理をやる必要があります。しかし、遠方で整理できない人もいるでしょう。そこで、遺品整理を業者に頼みたい人向けに「遺品整理」の基本や業者についてまとめてみました。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理と不用品回収について
  3. 遺品整理と相続手続き
  4. 遺品整理士とは
  5. 遺品整理の業者選び
  6. 遺品整理の注意点
  7. Q&A
  8. まとめ

この記事をチェックして、遺品整理の方法や解決策について確認しましょう。


引っ越しのときに出るゴミの処分の仕方は?おすすめの方法を紹介

引っ越しをするとたくさんの不用品が出ます。後でゴミとしてまとめて処分すればよいと考えている方も多いでしょうが、計画的に捨てないと引っ越し当日までにゴミが捨てきれないということも少なくないんですよ。

そこで今回は、引っ越しの時にでるゴミを効率的に処分する方法をご紹介します。引っ越しの予定がある方や、引っ越しが間近に迫っているのにゴミが捨てきれていない、という方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 引っ越しの際に出やすいゴミとその処分方法とは?
  2. ゴミを一番安く処分する方法とは?
  3. 不用品回収業者を利用してみよう
  4. 安すぎる業者は要注意?
  5. おわりに

老前整理とは?老後に備えて知っておくべき必要性とやり方をご紹介

終活がブームになり、生前整理が注目されるようになりました。元気なうちに身の回りを整理して、自分の死後に遺族が遺品整理に悩まされることがないようにしておくこと。
では、老前整理という言葉をご存じでしょうか?生前整理に続いて、今注目を浴びている動きです。老前整理を始める方の多くは、50代が中心となっています。これから老前整理を始めようと考えている方は、この記事を参考にしてみてください。
老前整理のポイントをご紹介します。

  1. 老前整理とは?
  2. 老前整理の必要性
  3. 老前整理のやり方・ポイント
  4. まとめ

こたつを上手に処分しよう!捨て方やメリット・デメリットをご紹介

冬場に大活躍するこたつが要らなくなったとき、どのように処分すればいいのか悩む方は多いでしょう。家電の1つになるこたつは、処分方法が決まっています。わけもわからず処分すれば、不法投棄や回収不可になるなどトラブルが起きるでしょう。すぐ処分したいのに時間と手間がかかってしまいます。順序よく捨てるためにも、きちんと正しいこたつの捨て方を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、こたつの基本情報や処分方法・注意点など詳しく説明します。

  1. こたつとは?
  2. こたつの処分方法~自分で捨てる場合
  3. こたつの処分方法~販売業者による下取りの場合
  4. こたつの処分方法~リサイクルする場合
  5. こたつの処分方法~回収業者に依頼する場合
  6. こたつの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、こたつの正しい処分方法がわかり、あなたのライフスタイルに合った捨て方ができます。こたつを処分したい方や悩んでいる方はぜひ参考にしてください。