月別アーカイブ 2016年1月

納骨堂の利用を考えている方必見!!そのメリット・デメリットとは?

今、お墓の形が大きく変わろうとしています。
特に、管理の手間ができるだけいらない新しいタイプのお墓とそれに付随するサービスの人気は、年を追うごとに高まっているのです。
そこで、今回はそんな新しいお墓のひとつ納骨堂のメリット・デメリットについてご説明します。
もともと納骨堂とは、骨壺に入れたお骨をまとめてお祀り(まつり)する施設です。
しかし、現在の納骨堂は少し違った使われ方をしています。
これからお墓を購入したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 納骨堂とは?
  2. 納骨堂の種類とは?
  3. 納骨堂のメリットやデメリットとは?
  4. 納骨堂の選び方
  5. おわりに

身内の孤独死が発覚! 遺体発見から遺品整理までの対応を押さえよう

近年は高齢化が進み、一人暮らしをしている高齢者が増えています。近くに親族が暮らしている場合は、まめに連絡を取り合い、行き来することもあるでしょう。
しかし、問題になっているのは、身内と疎遠になっているケース。孤独死のリスクも高まり、社会問題として話題になることも増加傾向。実家に帰省することはありますか?週に何度か電話をしているという方は、意外と少ないのではないでしょうか。
仕事や育児で忙しく、自分たちのことだけで精いっぱいという方も多いもの。なかなか親に連絡を取る時間を取れないこともあるはずです。
もしも、身内が孤独死した場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

  1. 身内が孤独死した場合の対応手順
  2. 孤独死を招く人の特徴
  3. 特殊清掃について
  4. まとめ

神棚の正しい処分方法とは?遺品整理の「困った」を解消しよう!

神棚の処分でお困りではありませんか? 親が亡くなって遺品整理をしているとさまざまなものの処分に困ることがあるでしょう。神棚は神様をまつるもの。処分する際にはいろいろと注意が必要です。費用についても知っておくべきでしょう。

  • 神棚を処分するには神社でお清めとお焚(た)き上げをしてもらう必要があるのか?
  • 玉串料はどのくらいかかるのか?
  • 神棚の正しい捨て方を知りたい

そんな悩みを解消して、遺品整理をスムーズに済ませましょう。


散骨は法律違反になるの?正しい方法で散骨をするための基礎知識

一般的に日本では「火葬」をします。火葬をした後、一般的に骨はお骨つぼにいれてお墓へ納めるのが基本です。
しかし、骨を細かく粉末状にして海・山・川・海岸などにまく方法「散骨」もあります。
散骨は勝手にしてもいいのかどうか、法律違反にならないのか詳しく説明しましょう。散骨は法律違反かどうか、散骨できる・できない場所、メリット・デメリット、費用について一緒に見ていきたいと思います。

  1. 散骨は法律違反になるの?
  2. 散骨できる・できない場所と費用
  3. 散骨のメリット・デメリット
  4. まとめ

相続相談するなら弁護士?司法書士?それぞれのメリットとデメリット

相続相談を弁護士にするべきか司法書士にするべきか、迷う人は多いでしょう。
親が亡くなるとさまざまな問題が発生します。
その1つが、遺産相続の問題。
円満に問題を解決するためには、やはり専門家に相談するのが一番です。
大切なのは、どこに相談するべきか、ということ。
相談先には弁護士や司法書士、税理士などがいます。
その違いや選び方、それぞれのメリットやデメリットをご存じでしょうか?

  • 親が亡くなったので相続相談をしたい
  • 弁護士と司法処理の違いとは?
  • 費用はどのくらいかかるのか?

最良の方法を選ぶために、ぜひこの記事を参考にしてください。


相続放棄のメリット・デメリット。手続きの前に確認することとは?

親や兄弟が、借金をたくさん残して亡くなった。このようなケースは珍しくありません。
借金は負の遺産として法定相続人に受け継がれます。
しかし、いきなり親兄弟の借金を払えと言われても困る方が大半です。
このような場合は相続放棄を行いましょう。
今回はそのメリット・デメリットをご紹介します。
相続放棄は借金などの負の遺産を受け継がなくてもすむ手続きです。
しかし、法定相続人同士で足並みをそろえないと思わぬトラブルが発生することもあります。
この記事を読んで、しっかりと対策を考えておきましょう。

  1. 相続放棄って何?
  2. 相続放棄のメリット、デメリットとは?
  3. 相続放棄を行う際の注意点
  4. 相続放棄をしたら、借金を払わないこと
  5. おわりに

遺産相続の際に知っておきたい「限定承認」のメリット・デメリット

親が亡くなると同時に相続も始まります。
一般的に、相続人は亡くなった人の子ども・家族になるでしょう。
死亡した瞬間から相続は発生しますが、必ず相続人が引き継がなければならないわけではありません。
そこで、相続に関係する「限定承認」や限定承認のメリット・デメリット、限定承認をする際の注意点、手続きについて詳しく説明します。
限定承認のほかにも単純承認や相続放棄もチェックしていきましょう。

  1. 限定承認とは
  2. 限定承認のメリット・デメリット
  3. 限定承認する際の注意点と手続き
  4. まとめ

葬儀後にやることとは?葬儀との各種手続きと遺品整理の進め方

家族が亡くなって当日から葬儀までの間は非常に慌ただしく、疲れを感じる余裕もなく時間が過ぎます。
大切な家族が亡くなって気が動転している際に葬儀は慌ただしく進み、気が付くと葬儀が終わっているということも珍しくはありません。
忙しく過ぎる葬儀が終わって一息つきたい気持ちも分かりますが、葬儀後にはやることが山積みです。
葬儀や法要後には“香典の整理”“葬儀にかかわった方へのお礼”“各種手続き”などやることが数多くあります。
大切な家族の葬儀後にすべきことを滞りなく進める方法について、詳しくご紹介しましょう。

  1. 葬儀後にやることとは?
  2. 葬儀後の手続きは何がある?
  3. 遺品整理の重要性と難しさ
  4. まとめ

相続財産から控除できる葬儀費用とは?葬儀にかかる費用の基礎知識

親を亡くしたとき、通夜・葬式の準備をすぐに始めなければなりません。
通夜・葬式だけでなく、お経や戒名、香典返し、位牌(いはい)、お布施、墓石などさまざまな面でまとまったお金が必要になります。
できるだけ費用を抑えるためにも、相続遺産から控除できる葬式費用を把握しておきましょう。
これから、相続財産から控除できる葬式費用や控除できないケース、葬儀費用は誰が負担するべきかについて詳しく説明します。
葬式費用で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

  1. 相続財産から控除できる葬式費用
  2. 相続財産から控除できない葬式費用
  3. 葬儀費用は誰が負担すべきか?
  4. まとめ

身寄りなしの方の葬儀はどうしたらいいの?生前にやっておくこととは

高齢化社会を迎えた日本では、ひとり暮らしの高齢者が急増しています。
また、配偶者や血縁者に先立たれてしまい、身寄りがないという方も少なくありません。
元気なうちはよいのですが、亡くなった後の処理や葬儀はどうすればよいのでしょうか?
そこで、今回は身寄りのない方がいざというときに備えて、生前にやっておくべきことをご紹介します。
「いざとなったら誰かが何とかしてくれる」と思ってはいけません。
この記事を読んで情報を集め、自分に取ってよりよい最後を迎えられるようにしておきましょう。

  1. 身寄りがない人の老後は大変?
  2. 身寄りがない人の老後の備えとは?
  3. 孤独死を防ぐ方法とは?
  4. おわりに

1 2 次へ