月別アーカイブ 2015年12月

初七日はいつ執り行う法要なの?数え方や意義をご紹介します。

人が亡くなると、通夜と葬儀をします。
しかし、仏式の場合はその後も法要といって死者を弔う儀式が続くのです。
葬儀の後、最初に来る法要が初七日。
そこで、今回は初七日の数え方やいつ法要を行えばいいのか、ということなどをご紹介します。
今は仏壇がないお宅も少なくありません。
また、法要の際に僧侶へ払うお布施の額で悩む人もいるでしょう。
初七日法要の行い方も時代に合わせて変わってきています。
この記事を読めば、今の初七日事情がよく分かるでしょう。

  1. 初七日とは?
  2. 初七日の計算の仕方と法要の執り行い方とは?
  3. 仏式で葬儀を行わなければ、初七日を執り行う必要はない
  4. 遺族の葬儀や法要に対する心構えとは?
  5. おわりに

戒名料の相場はどのくらい?戒名をつけないとお葬式はできないの?

仏式で葬儀を執り行う場合、お寺から「戒名をどうしましょうか」と聞かれます。
しかし、戒名の意味や名付ける理由などが分からない、という方も多いでしょう。
また、戒名料に納得がいかないという方も増えています。
そこで、今回は戒名の意味や相場についてご説明しましょう。
現在、日本の葬儀は仏式で行われることが多いので、戒名料も葬儀費用の一部のように取り扱われています。
しかし、決して戒名をつけなければいけないということはありません。
戒名について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 戒名って何?
  2. 戒名の意味や相場とは?
  3. なぜ、戒名でトラブルになるのか?
  4. 戒名の名付けによるトラブルを防ぐには?
  5. おわりに

葬儀社の選び方のポイントとは?大きい葬儀業者を選べば安心?

葬儀業者、というのは普段縁のない方がほとんどだと思います。
しかし、親や兄弟、さらに配偶者が亡くなったときに利用しなければ、葬儀をあげられません。
そこで、今回は葬儀業者の選び方をご紹介します。
今は、生前から利用したい葬儀業者を選ぶ方が増えているのです。
それはいったいなぜでしょうか?
また、葬儀社を通さない葬儀の仕方などもご紹介します。
興味がある方や親や兄弟がそろそろ年を取ってきた、という方はぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

  1. 葬儀業者はどんなことをしてくれるの?
  2. 葬儀社とのトラブル事例とは?
  3. 葬儀業者の上手な選び方とは?
  4. 葬儀社を通さないで葬儀はできるの?
  5. おわりに

不用品回収業者の選び方とは?安心して任せられる業者を見分けるコツ

残された家族にとって、故人の愛用品にはそれぞれ一つずつに思い出があり、片付けや処分が難しい物です。最近ではこのような状況に応える形で、遺品整理を不用品回収業者に依頼する人が増えています。しかし、その利用者の数と比例するように増えているのが不用品回収業者とのトラブルです。今日は実際に起こったトラブルの事例や不用品回収業者の選び方についてご紹介しましょう。

  1. 不用品回収業者に依頼できる内容とは?
  2. 不用品回収業者とのトラブル事例と対処法
  3. 不用品回収業者の選び方とは?

遺影写真の選び方をご紹介! 思い出や歴史の詰まった記念の1枚を。

突然のことで準備している方が少ないのは、遺影写真です。ほとんどのケースで、慌てて手持ちの写真を合成して作っています。
葬儀で使う遺影写真は、故人を偲(しの)び、人柄や歴史を語ってくれるもの。なるべく思い出の詰まった写真を選ぶようにしたいですよね。
終活が話題となっている今、生前に遺影写真の撮影を行うサービスもあります。
葬儀は、人生を締めくくる大切な場。心に残る遺影写真を選ぶようにしましょう。

  1. 遺影写真の選び方
  2. 遺影生前撮影とは
  3. 遺影写真の処分方法

お墓をいらないと思う方が増えている? お墓を作らない供養の仕方とは?

現在、供養する人もなく荒れ果ててしまうお墓が問題になっています。また、先祖代々のお墓を管理しきれずに悩んでいる方も多いのです。「自分はお墓なんていらない」という方も増えているとか。しかし、お墓を作らないことなどできるのでしょうか?

そこで、今回は今増えているお墓を作らない供養の仕方をご紹介します。お墓は、その人が生きた証(あかし)でもあるのです。しかし、子どもや孫には苦労をかけたくない。この記事では、逝く人と遺される人が双方満足できる埋葬の仕方を紹介していきます。

  1. お墓を作る意義とは?
  2. 現在のお墓がかかえる問題点とは?
  3. お墓を作らないことはできるのか?
  4. 大切なのは生前の話し合い
  5. おわりに

手元供養の方法とは?~お墓を持たない新しい供養のかたち~

お墓や納骨堂に遺骨を保管するのが難しい人もいます。
そういう人たちが選ぶ方法として「手元供養」があるのです。
手元供養とは、その名のとおり遺骨を手元で供養していくこと。
親が亡くなるとお墓や納骨堂などに遺骨を保管し、そこに出向いて手を合わせるのが一般的です。
しかし、近年はさまざまな事情による「墓離れ」がすすんでいるのも事実。
新しい供養のかたちとして、手元供養を考えてみてはいかがですか?
どのように始めるのか、費用はどのくらいなのか、まだ一般的に知られていない手元供養についてご紹介したいと思います。

  • 親が亡くなって供養について考えている
  • お墓を持つのが難しい
  • 手元供養について知りたい

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


大切な人だからこそしっかりと…仏壇と位牌の選び方を知っておこう

親が亡くなったとき、子供としてやらなければならないことはたくさんあります。
ある程度の覚悟ができていたとしても、その悲しみは計り知れないものでしょう。
親族への連絡、葬儀社の手配、葬儀の準備…。
そして、無事葬儀が済んでからも遺族の仕事は終わりません。
仏壇や位牌の準備、遺品整理などが待っているでしょう。
悲しみを乗り越え、こういった作業をスムーズに済ませるためには、ある程度の知識を持っておくべきです。
今回は、仏壇や位牌の選び方についてご紹介したいと思います。

  • 親が亡くなったので仏壇と位牌を購入したい
  • 仏壇や位牌の選び方とは?
  • いつ購入すべきなのか?

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 仏壇の選び方
  2. 位牌の選び方
  3. 選ぶ際の注意点
  4. まとめ

遺産分割協議書の作り方とは?作成するときの注意点は何?

遺産分割協議書というと、何やら専門的な書類のようなイメージがあります。
しかし、実際は書き方に特別な決まりがあるわけではありません。
誰にでも作成ができます。
そこで、今回は遺産分割協議書の作り方などをご紹介しましょう。
遺産分割協議書は、必ず作らなければいけない、というものではありません。
しかし、遺産を相続する人が多いほど作るメリットは大きくなります。
また、トラブルを事前に防ぐこともできるでしょう。
遺産分割協議書の書き方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 遺産分割協議書とは?
  2. 遺産分割協議書に記す内容とは?
  3. 遺産分割協議書の作り方
  4. おわりに

葬儀にかかる費用の相場はどのくらい?費用の相場・内訳を確認しよう!

大切な人が亡くなると深い悲しみに包まれるでしょう。
けれども、すぐに葬儀の準備をしなければなりません。
葬儀について“今さら人に聞けない”と悩んでいる人は多いです。
そこで、葬儀費用の相場や内訳、費用を安く抑えるポイント、遺品整理の注意点について詳しく説明します。
葬儀の準備を始める前に確認しておきましょう。

目次

  1. 葬儀費用の相場・内訳
  2. 費用を安く抑えるポイント
  3. 遺品整理の注意点
  4. まとめ

1 2 次へ