月別アーカイブ 2015年10月

独居老人の孤独死が増加中!?本人や地域が行える対策とは?

一昔前まで、高齢者の大部分は家族と暮らしていました。
しかし、今はひとり暮らしの「独居老人」が年々増えています。
そして、独居老人の増加とともに問題になっているのが「孤独死」です。
今回は、独居老人に孤独死が多い理由や孤独死を防ぐ対策方法などをご紹介します。
独居老人の孤独死は人ごとではありません。
早いうちに対策を練っておかないと、家族や友人が孤独死する可能性もあるのです。
高齢者でひとり暮らしをしている方や親族が高齢でひとり暮らしをしているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 独居老人はなぜ増えている?
  2. なぜ、独居老人は孤独死をしやすい?
  3. 親族が近くにいても、孤独死は防げない?
  4. 孤独死を防ぐにはどうしたらいいの?
  5. 孤独死を発見したり血縁者が孤独死してしまったりした場合は?
  6. おわりに

親の遺品整理で知るべき「相続税」とは?節税対策のポイントを把握しよう!

親の遺品整理をするときは「相続税」に注意しなければなりません。
親の遺言や相続によって財産を得た人は、条件つきで相続税の申告をする必要があります。
相続税がかかる条件や内容、相続税の節税対策や親の遺品整理で注意すべきことについて詳しく説明しましょう。
親の遺品整理をすすめている人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 相続税がかかる条件や内容
  2. 相続税の節税対策
  3. 親の遺品整理で注意すべきこと
  4. まとめ

賃貸で原状回復の義務はどの程度あるの?新品同様にしなくてはダメ?

ひとり暮らしをしている親族が、孤独死をしてしまった。
というケースは今や珍しくなくなりました。
しかし、困るのは遺族です。
孤独死してしまった人の部屋は、荒れている場合も少なくありません。
大家に高額な修繕費を請求された場合はどうすればよいのでしょうか?
そこで、今回は賃貸住宅を退去する際の原状回復義務についてご説明します。
「原状回復」とは、室内をどのような状態にまで戻せばよいのでしょうか?
興味がある方や親族が孤独死してしまい対応に困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 法律で定められている原状回復はどこまで?
  2. 孤独死が引き起こす問題とは?
  3. 遺族が大家に原状回復を求められたら?
  4. おわりに

遺言書が無い場合、遺産はどうやって相続するの?その方法とは?

「遺産相続で、親族がもめて収拾がつかなくなった」などという事態は、資産家の家だけに起こる話だと思っていませんか?
それは違います。
たとえごく普通の家でも、遺産相続でトラブルは起こるのです。
特に、遺言書が無い場合に起こりやすいでしょう。
そこで、今回は故人が遺言書を残さなかった場合、遺産分割はどのように行われるかということをご紹介します。
遺産の分割方法は法律によって決められているのです。
では、なぜトラブルが起こるのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。

目次

  1. 遺産分割って何?
  2. 相続争いはなぜ起こる?
  3. 相続争いが起きないための方法とは?
  4. おわりに

遺品整理で困る物はどんなもの?正しい遺品の片付け・処分方法

故人のお葬式が終わったら、遺族は遺品整理を行わなければなりません。遺品は故人の思い出がたくさん詰まった物ですが、中には処分に困る物もあります。

今回は、残された家族にとって困る遺品の処分方法をご紹介しましょう。

  1. 遺品整理と生前整理
  2. 遺品で残されると困る物は?
  3. 残されて困る遺品の片付け方
  4. 遺品の処分方法

遺産の対象になる動産とはどんなもの?遺産分割の方法とは?

人が亡くなると多くの場合、遺産が発生します。
遺産には不動産と動産の2種類があるのです。
不動産は土地や建物など分かりやすいものですが、動産とはいったいどのようなものなのでしょう?
そこで、今回は遺産の対象になる動産についてご説明します。
動産の中には価値の特定が難しいものもあり、遺産分割の際にもめる原因になるケースもあるのです。
それを防ぐ方法の一例もご紹介しましょう。
そろそろ相続について考えておきたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 動産の定義とは?
  2. 動産と遺品の区別がつきにくいものとは?
  3. 動産を遺産分割する方法とは?
  4. 故人の生前に相続した動産は、分割の対象外になる
  5. 価値が分かりにくい動産は、折を見て処分する方法もある
  6. おわりに