月別アーカイブ 2015年9月

遺髪の保存方法について知りたい方へ~遺髪とは?遺髪の取扱い方について~

「遺髪」は故人の形見になる髪の毛のことです。
大切な人ほど残したすべてのものを保管しておきたい気持ちがあるでしょう。
できるだけ当時のまま故人の髪を残しておきたいものです。
そこで、遺髪の保存方法について詳しく説明します。
保存方法のほかにも遺髪とは何なのか、詳しく知ることも大切ですよ。
遺髪を保存する際の注意点もチェックしていきます。
故人の髪を大切に持っておきたい人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 遺髪とは?
  2. 遺髪の保存方法
  3. 保存する際の注意点
  4. まとめ

遺品整理において「車」の名義変更をする方法や廃車のやり方・注意点

遺品の中には整理が難しいものもあるでしょう。
特に、「車」はどのように整理すれば良いのか悩んでしまいます。
車の相続手続きや処分方法に困っている人も多いはずです。
どうすれば車の相続や整理ができるのでしょうか。
そこで、車の相続手続きのやり方・名義変更、車を処分する方法、車を遺品整理する際の注意点について説明します。
車の相続手続きや遺品整理のやり方を知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 車の相続手続きのやり方
  2. 車を処分する方法
  3. 車を遺品整理する際の注意点
  4. まとめ

親の遺品整理をしている方へ~衣類の処分方法や注意点について~

親の遺品を整理している途中、処分に困るものもあるでしょう。
遺品にもさまざまな種類があるため、それぞれの種類に合った処分方法を考えていかなければなりません。
遺品を整理する前に知っておきたい処分方法について説明します。
衣類の処分方法や効率的に衣類を片づけるコツ、処分する際の注意点も一緒にチェックしていきましょう。
親の遺品整理をしている人、これから整理する人は要チェックです。

目次

  1. 衣類の処分方法
  2. 効率的に衣類を片づけるコツ
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

福祉整理とは ~遺品整理との違いを知って有効活用しよう~

現在の日本は高齢社会となっています。最近の調査では、日本人口の約一千万人が80代以上の高齢者となっているのが現実です。そのため、高齢者に対する「福祉整理」が伸びています。
この記事では、福祉整理についてまとめました。

目次

  1. 福祉整理とは
  2. 遺品整理と福祉整理の違い
  3. 生活の邪魔となるものは回収してもらおう
  4. 不用品回収業者に依頼するメリット
  5. まとめ

終活準備のひとつとして行う生前整理。その上手なやり方を教えます。

今、人生の節目を迎えたときに生前整理をする方が増えています。
かつての生前整理とは財産を処分するという意味あいが強く、あまり一般的ではありませんでした。
しかし、現在の生前整理は残りの人生をよりよく過ごすために行われます。
そこで、今回は終活準備のひとつとして行う生前整理のやり方をご紹介しましょう。
生前整理をきちんと行っていれば、いざというときに遺族がスムーズに葬儀や遺品整理を行えます。
そろそろ高齢者の仲間入りをするという方や生前整理に興味があるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 生前整理とは何をするの?
  2. 生前整理のやり方とは?
  3. おわりに

捨てられない遺品、どうしたら良い? 適切な処分方法・注意点について

大切な人が残した遺品。残すものが多いと部屋の中もごちゃごちゃになってしまい、いつまでたっても整理できないでしょう。そこで、遺品を捨てられない場合の対処法や処分方法、業者に依頼する際の注意点について説明します。「遺品がなかなか捨てられない…」と悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

  1. 遺品を捨てられない場合の対処
  2. 遺品の処分方法
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

終わってからでは遅い。後悔しない遺品整理の時期と3つのポイント

大切な人を失ったご遺族にとって、遺品整理は精神的にも肉体的にもつらいものです。遺品を見ると、故人のことをつい思い出してしまい、どうしても整理できない方もいらっしゃるでしょう。でも、いつまでもそのままにしておくことはできません。いつかは整理しなければならない日が来ます。では、遺品整理はいつすればいいのでしょうか?ここでは、後悔しないための遺品整理の時期や方法などについて考えてみます。

  1. 遺品整理の時期
  2. 遺品整理の方法
  3. 遺品整理の3つのポイント
  4. 後悔しない業者の見分け方
  5. まとめ

今話題の「デジタル遺品」とは? 起こり得るトラブルと生前整理について

「デジタル遺品」という言葉をご存じでしょうか?
最近は、パソコンを使いこなす高齢者も増えています。
パソコンやインターネット内に残る「デジタル遺品」を、残された遺族はどのように整理すべきなのでしょうか。
近年、デジタル遺品をめぐるトラブルも急増しています。
大切な遺族がつらい思いをしないためにも、生前整理によりデジタル遺品を自分で整理しておく人も増えているのです。

  • デジタル遺品について知りたい
  • デジタル遺品によるトラブルにはどのようなものがあるのか
  • 生前整理はなぜ必要なのか

そんな人たちのために、デジタル遺品に関する情報をまとめてみたいと思います。

目次

  1. デジタル遺品とは
  2. デジタル遺品をめぐるトラブルについて
  3. 生前整理はなぜ必要なのか
  4. まとめ

相続を放棄したければ遺品整理してはダメ? 相続放棄の注意点とは?

血縁者が亡くなって相続人になったが金がたくさんあるので相続放棄したい、と考えている方は少なくありません。
しかし、相続放棄にはルールがあります。
そのルールを知らなかったばかりに、相続放棄ができなくなった人もいるのです。
特に、注意しなければならないのは遺品整理。
そこで、今回は相続放棄する場合に遺品整理をどうしたらよいのか、ということについてご説明します。
相続は法律に沿って行われるので、理不尽に感じられることでも守らなければなりません。
相続放棄をしたい方は必見ですよ。

目次

  1. 相続を放棄することの意味とは?
  2. 相続放棄と遺品整理について
  3. 相続放棄をする人が遺品整理をする方法とは?
  4. あなたが急に相続人に選ばれたら?
  5. おわりに

セルフネグレクトとは? 症状や原因、対処するためのポイントを解説!

セルフネグレクトは、ゴミ屋敷問題や孤独死問題などの大きな社会問題の根底にあるものです。生活がいよいよ対処しにくく複雑になっている最近、家族のだれかがセルフネグレクトの傾向を持つため悩んでいるケースも増えています。実際のところ、セルフネグレクトは決して他人(ひと)ごとではなく、だれもが関係するような原因が潜(ひそ)んでいるのです。それでは、セルフネグレクトについてしっかり確認し、どうすれば自分や家族がセルフネグレクトにならないよう守ることができるのかを考えてみましょう。

  1. セルフネグレクトとその症状
  2. セルフネグレクトの原因
  3. セルフネグレクトの対処法

1 2 次へ