遺品整理とは

遺品整理とは?

遺品整理とは、故人が生前使用していた生活雑貨・衣類・家財・家電製品などを整理する作業のことです。ご遺族が故人の趣味・意向にそって行うのが一般的ですが、遺品整理は精神的・肉体的につらい作業であり、なかなか進まないということも少なくありません。こうしたときに役立つのが、ご遺族に代わって遺品整理を行う遺品整理代行サービスです。遺品整理をする際は、大きくわけて以下の作業が必要となります。


1.遺品の分別・処分

遺品を必要なモノと不要なモノに分別する作業です。保存する遺品には、思い出の品・高級品・貴重品・家財などがあげられます。廃棄する遺品については、不燃・可燃などに分類し、適切な方法で処分します。


2.貴重品・重要書類の捜索

遺品の中には、貴重品や重要書類などが紛れていることもあります。こうした貴重品や重要書類が誤って処分されないためにも捜索作業が重要です。タンスの奥・本の間・衣類のポケットなど、見逃しがちなポイントも一つ一つ確認していきます。


3.形見分け

形見分けとは、遺生前親しかった方へ遺品を分配することを言います。四十九日を過ぎてから形見分けをするのが一般的です。ただし、金銭的価値の高いモノを分配する場合は、受け取る側が重荷に感じることもあるため十分に配慮して行う必要があります。


4.現状復帰

故人の亡くなられた状況によっては、臭いや染みが部屋に残ってしまう場合があります。このような場合、特殊清掃やクロス・床の張替えなどが必要です。特に、賃貸物件の場合は、原状回復をめぐってトラブルになることも多いため、十分に注意してください。


遺品整理をする際に押さえておくことは?

遺品整理をする際には、事前に確認しておかなければいけないことがいくつかあります。
特に重要なポイントをリストとしてまとめましたので、ぜひチェックしてください。

  • 賃貸の場合、いつまでに退去しなければならないのか?
  • 処分する不用品の量はどれくらいあるのか?
  • 遺品整理後に消臭作業や特殊清掃が必要か?
  • 作業現場に立ち会うことができるか?
  • 遺言書を残している可能性があるか?
  • 形見分けについて故人からの指示があるか?
  • 供養が必要かどうか?

遺品整理業者とのトラブルに注意!

近年、遺品整理をめぐり、遺品整理業者とのトラブルが相次いでいます。どのようなトラブルが起きているのか? トラブルを防ぐためにはどうすればいいのか? について解説します。トラブルに巻き込まれないためにもしっかりと押さえておいてください。

1.金品・貴重品の持ち去り被害

ここ最近、遺品整理業者による金品・貴重品の持ち去り被害が大きな問題となっています。故人と離れて暮らしていた場合には、ご遺族が金品・貴重品の有無を把握していないことも多く、被害にあっても気づかないケースもあるでしょう。こうした事態を避けるためにも、できるだけ遺品整理作業は立ち会うようにしたほうが賢明です。当社では、立会いができないお客様のために、WEBカメラによるモニタリングサービスを提供しています。遠方にお住まいで立会いが難しい場合でも、リアルタイムで作業風景を確認いただくことが可能です。


2.作業後の大幅な追加料金・不当請求

さらに多いのが、作業後に見積り時に知らされた料金以上の追加料金を請求されるというトラブルです。また、「見積り無料と謳っているのに、断ったらキャンセル料金を請求する」「見積りだけのつもりが承諾なしに作業を始める」といった悪質業者も存在します。いずれも、見積りを依頼する前に「金額に納得いかない場合は断っても大丈夫か」「見積り後の追加料金はないか」をしっかりと確認しておくことが大切です。


3.相場よりも著しく安い買い取り価格

不正な価格での買い取りも業者とのトラブルとして多数報告されています。嘘の市場価格を提示され、一般的な中古相場よりも著しく安い価格で買い取られてしまうといったケースです。また、買い取りを希望していないモノまで強引に買い取られてしまう『押し買い』も問題となっています。買い取り価格に納得できない場合は、買い取ってもらう意思がないことをしっかりと伝え、毅然とした態度ではっきりと断るようにしましょう。